ページ |  1  |  2  | 全部表示

[雑記]2006年12月24日

12月24日に日記を書くのは初めてかも知れない。時期が時期だけに一回書きたかったテーマがあるのです。

「恋人ができない理由を考えてみる」これです。

ただ恋人を作るだけなら、「恋人を欲しいと思っている人1000人」を見つけて、それぞれに『付き合って下さい』と伝えれば良いと思います。恋人を作りたいと思っている人が対象ですからね。作りたくない人に言っても無駄ですよ。万が一ダメならば、もう一回1000人に対して言ってみる。そうすれば、一人くらいは当たりますよ、きっと。

すごいな。まるでローラー作戦だ。
 毛頭試すつもりもありませんが。

「求めよ、さらば与えられん」という言葉がありますが、私の場合、そもそも心の底では彼女を求めていないのでは、と思います。余暇は趣味に費やす時間がほとんどで、それ以外なら気の置けない仲間(=男)と会って飲む。この状態で恋人と会う時間を作るなら、サイト更新を縮小し、友人と飲む回数を減らさなければ実現できません。

現在の時間を犠牲にしてまで得られるものはあるのか? 果たして恋人を作ることが、自分にとって良いことなのか? こう考えるとできるはずもありません。

もちろん、作ろうと考えなくても常に傍らに彼氏彼女が絶えない人もいます。それはその人の容姿に魅了される人が多いのかもしれないし、内面的な魅力から来るものかもしれない。しかし、私の場合は十人並み以下の容姿に、器も悪いので、相当の努力が必要になります。少なくても「恋人を作る!」と意識しなくては、作れない。

意識すれば、それをなんとかしようとして実現しようと考えます。考えた結果、行動が変わる。行動が変われば、結果が変わる。それだけのこと。三択の恋愛ゲームでも最後に結ばれるのは、予定調和のシナリオだからではなくて主人公が行動するから。外見も中身も改造し、気になる女の子にアタックする。これがゲームならボタン一つで可能です。これだけで運命は変わる。すばらしい!
 ゲームしか好例がないのは気にしないように。


続きを読む: 恋人ができない理由を考えてみた
| トラックバック(1) | タグ: |


[オタク]2006年12月13日

(ふつーの店でたらふく飲み食いした一行がやってきたのは、やっぱりメイドカフェだった)
 酔客たちの標的になったのは、Cafeくらら。

理由:可愛いドジっ娘メイドさんがいたから

小柄ではにかんだ笑顔が印象的なメイドさんが、たどたどしく注文を受けていました。
 こちらも既に酔っぱらい。存在しないメニューを注文したり、コーヒーを頼んでは、ミルクポットが空になるまでメイドさんに入れてもらっていたり、さらにはシロップを数杯入れてもらっていました。

私ではないですからね。「お前らさいていやー」と叫ぶ方でしたので。
 忘年会でもひとかけらの理性は忘れませんでした。たぶん。

慣れていないのか、オタクの酔いどれが醸し出す雰囲気に圧倒されていたのかは分かりません。注文したメニューを持って来ては、たびたび忘れ物をして「す、すみませんでした〜」とアイドル声優のような声で厨房へと取りに帰っていました。

端で見ていてやーちんさんは思いましたよ。
 か、かわいい……。

続きを読む: ここはひどい忘年会ですね(後編)
| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2006年12月11日

仕事帰りのOLがクリスマスツリーの写真を取っていたり、恋人を待っているかのような、そわそわしている男がいたり、離れた所では店員が携帯電話の新商品を説明し、少しの人だかりができている。私もそんな人たちの間に混じって、友人たちを待っていました。

ほどなくやって来たオタ仲間が開口一番、私の方を見て言う。
 「あれ? 一般人みたいな格好ですね」

クリスマスツリー

一般人だってば! たぶん。
 OLと並んで、こんな写真も取っていたし。


 という訳で、忘年会で鍋をつついてきました。
 ちょいとそこの方、やーちんのことだからメイドと鍋をつつくような店に行ったと思ったでしょ? 
 甘い。メイドカフェでミルクと砂糖を入れすぎる程に甘い。
 ごくふつーの店だ。半個室の飲み放題付きで3,000円。狭いのが難点だけど、十二分に楽しめる所です。

残念ながら二時間過ぎで満席のために追い出されることとなりました。

十分後。
 結局来ちゃいました。メイドカフェ。

酔客たちの標的になったのは、Cafeくらら。
 この前のメイドカフェ全店制覇の時には、「ここはどうもね〜」と酷評していたのですが、今日は良かったです。(後編へ続く)

| トラックバック(1) | タグ: |


[オタク]2006年12月 2日

「第10位、水樹奈々『Justice to Believe』」と、今週のランキングを紹介するDJの声がラジオから響きわたる。今まで何度となく聞いて来た「水樹奈々」という名前が、流行り歌に混じって耳に入る。


 金曜日のNHK-FM「ミュージックスクエア」にて、10位にランクインしていました。落ち着いた番組で、歌を中心に紹介されるのは良いものです。慌ててラジオの前に行って、正座して聞いていましたよ。

その水樹奈々さん。
 最近、こんなページを検索で見つけてしまいました。


続きを読む: 水樹奈々さんとカラオケで一緒に歌いたい!
| トラックバック(0) | タグ: |


[サイト人探訪]2006年11月29日

サイトを運営する人には、自らのサイトは愛着があります。リンク先のサイトから選んで、Happy-go-Luckyの管理人・やーちんが直接会いに行き、自サイトについて語ってもらう企画。それが「サイト人探訪」。今回は人気ラジオテキストサイトを運営しているStudio Chocolat(スタジオショコラ)のあいかさんにインタビューをしてきました。

10秒で分かる「すたしょ」
 ラジオの文字起こしを中心に更新している人気サイト。
 「堀江由衣の天使のたまご」、「田村ゆかりのいたずら黒うさぎ」のラジオテキストを扱っている。
 日記でアニメの感想を書き始めた所、一部で大人気に。アニメ感想サイトとしての一面も。
 堀江由衣・田村ゆかりのファンと思いきや、実は大の白石涼子(うりょっち)ファンであり、天文に造詣が深い。
 サイト開設は2001年。サイトの愛称は「すたしょ」。
 一日平均500前後のアクセス(2006年時点)。時には一日1,000アクセスを越える日も。



続きを読む: サイト人探訪『Studio Chocolat・あいかさん』
| トラックバック(1) | タグ: |


[ウェブ制作・運営]2006年11月16日

リンク集の代わりに、サイト内にアンテナを設置しようと2年も前から思っているのですが、当時は設置する技術がなくて諦めていました。しかし! どうやら私も少しは進歩していたようで、Happy-go-Luckyのアンテナを近々設置できそうです。それで、今までのリンク先を見直している最中なのです。

ブログが増えるにつれて、次第にリンク集というページがなくなっていますね。多くのブログではトップページの端っこに設置するコンテンツになるか、とあるニュースとして文中リンクで言及するのが多くなってしまいました。確かに、アンテナもブックマークも、わざわざ他人のサイトを利用しなくても、「はてな」に代表されるサービスを使えば自分専用のものが作れます。

また、これだけネット人口が多くなると、大手のニュースサイトや有名どころは大抵の人が知っています。改めてリンク集というコンテンツを作ってまでリンクを張る必要はないでしょう。

一方、mixiに代表されるSNSは相変わらず隆盛です。
 「友人の友人は友人だ」と言うSNSの形式は、ネットで、またはオフラインでのつながりを増やします。SNSでは人自身がコンテンツであり、友人・知人をつなぐリンクの役目を果たします。

ウェブに公開するリンク集は、訪れる人に見てもらうもの。
 サイトの一コンテンツとしてリンク集というページをこれから作るなら、(リンク先の相手はサイト管理人を知らない)大手サイトや企業サイトだけを並べ立てたリンク集ではなく、SNSのように互いが知り合いであるサイトや、あまり知られていないけれど、自分のお気に入りのサイトを集めたものに特化しやすいのではないでしょうか。

| トラックバック(0) | タグ: |


[その他]2006年11月11日

目次 [ページをこちらへ移動しました]
 Amazon・アソシエイトって? 
 Happy-go-Lucky・収支状況
 自サイトのリンクを通じて自分が買った場合
 Amazonなどのネット通販を使うメリット・デメリット

Amazonにはアソシエイト・プログラムという、サイト管理者に嬉しいサービスがあるのです。これは、自分のサイトのリンクを通じて、Amazonで注文したお客さんの売り上げ(紹介料)のごく一部を、アソシエイト参加者に還元する仕組みです。つまり、ウチのページにあるAmazonへのリンクを通して注文してもらったら、売り上げの一部――ごくわずかですが――がやーちんに返ってくるのですよ。

2005年の1月からHappy-go-LuckyでもAmazon・アソシエイトを始めましたが、はっきり言って、ほとんど儲かりません。一日300アクセスでも、おこづかい程度にもなりません。普通は広告は避けて通るのが常道になっていますからね。年間二万円以上稼げるようになったらHappy-go-Luckyのサーバ運営費に充てようと考えているのですが、まだまだ発展途上の段階です。アソシエイトは一日1000アクセスを超える大きなサイトで導入することで、初めて威力を発揮するのではないでしょうか。

だから、アマゾン・アソシエイトに入ったから明日からネットで生活できるぞー、なんて甘い話はありません。

なお、購入者の情報がサイト運営者に漏れることはありません。
  【参考】 Amazon.co.jp/プライバシーポリシー

続きを読む: アマゾン(Amazon)・アソシエイトって?
| タグ: |


[雑記]2006年11月 6日

「ドリパ大阪」のイベントへ行ってきました。
 最も、「To Heart2」の柚原このみのコスプレをした女の子を心を奪われたように1時間以上見つめていて(危ない人だ)、帰りに、このみのフィギュアを買おうかどうか逡巡していたのが大半だったのですが。

デジカメは持って行ったけれど、レフ板やその他の写真道具は家に置いて来たので、カメラ小僧にはなれませんでした。まさか、このみのようなかわいい娘が出るとは思いませんでしたから。今度から、こうしたイベントには写真道具を持って行こう。

うーん、本来は榊原ゆい(※)のライブを見に来たはずなのになぁ。

※ 「乙女はお姉さまに恋してる」のEDを歌っている人。他にも今期は「はぴねす!」に出演している。来年度ブレイクするかもしれない一番手。

誘われなければこのイベントにも参加しなかったのですが、連行してくれる友人がいることは「ありがたいなぁ」と感じています。昔はオタクな友人はなく、趣味の友を探すことはサイトを作った理由の一つでした。

オタクイベントを誰か一緒に行ってくれないかなぁと、思っている人へ。
 今は、mixiなどでも友人の友人は友人だというように、SNSで繋がることもできます。サイトしかなかった数年前と比べて、遥かに趣味の合う友人作りは楽になりました。

オタクでゆかいな仲間たち。楽しいですよ。
 自分からアクションを取れば、世界はきっと、もっと広くて面白い。

続きを読む: 世界はきっと、もっと広くて面白いもの


[丹下桜]2006年11月 2日

1973年3月24日生まれ。愛知県出身。誰も出せないであろう可愛らしい声を持ち、声優としては「カードキャプターさくら」の木之本桜役で有名。丹下桜名義での歌手活動も一定の評価があり、声優界で絶大な人気を誇っていたが2000年に声優業を休業、活動の中心は音楽とインターネットになる。

2000年当時、「医療よりの仕事をしたい」との意向を述べていますが、この「医療」を「癒し」に読み替えるといいかもしれません。日常で、ちょっと嫌なことがあったときに桜さんのCDを聴いて「またがんばろ」と立ち直るような感覚を「癒し」と捉えてもらうと分かりやすいと思います。

2000年以降は、「ほっとなごむ空間」づくりの一環としてWONDER-NETのサイトを立ち上げつつ、声優時代からの楽曲提供者・前澤ヒデノリ氏とともに音楽活動を行い、年数回のライブ「LIVE・WONDER」を都内で行っている(2006年10月終了)。そして、WONDER-NET内のコンテンツ「SAKURA'S CHAT」のパーソナリティを務めている。2005年にはKONAMIから発売されたゲーム「Y's 〜ナピシュテムの匣(はこ)〜」のヒロイン役として、また音楽・ドラマCDである「まんすりぃ萌音(もね)」に出演し、対外的な声優・歌手活動にも参加した。なお、Cherry A La ModeシリーズのCDを発売する際に、姉妹サイトSakura A La Modeを創設、活動名を「さくら」と改めている。

2005年7月には「別のフィールドで活躍する男性(本人談)」と入籍。
 2006年より「ボイス・ヒーリング」と称した、セラピーを中心にしたライブを都内で月一回(7・8月除く)開催している。

かつてのアイドル声優としての人気はないので、こじんまりとした活動になっています。ライブに訪れる人数も毎月100名前後です。しかし、それを逆手にとって、主にメールを通じてファンとの交流を図る形ができあがっており、アーティストとファンの距離は近いと言えます。そういう訳で、WONDER-NETは有料サイトですが、メールを出すなど自ら積極的に関わろうとしなければ、割高だと感じる可能性はあります。



続きを読む: 3分で分かる丹下桜(さくら/ANGEL)さんの説明
| トラックバック(0) | タグ: |


[丹下桜]2006年10月31日

これを付けて送りました

繰り返される「最後のLIVE・WONDER」という言葉に、寂しさを覚えながら。
 また、会えるよね。という願いを込めながら。
 読まれると、さくらさんへのサプライズがなくなるなぁと思いながら(笑)。メールを書いています。

縁あって、さくらさんに肉筆でメッセージをプレゼントする、という企画を始めて何度目かになりますが、その時ごとに、さくらさんに渡すメッセージがひとつずつ集まってゆきました。それは「みんなのうた」の「FLAT OUT」のフレーズを募集して、ひとつひとつ歌詞が出来ていったのと同じような感覚なのかもしれません。

今までのLIVE・WONDERを通じてさくらさんの歌に惹かれ、その気持ちを共有できる大切な仲間たちができました。また、色紙企画を通じて創られた言葉と絆は、私にとってもかけがえのない宝物でした。

言葉を縦横無尽に紡ぐさくらさん。
 それを素敵な旋律にして送り出す前澤さん。
 WONDER-NETの運営に尽力して下さったスタッフの方々。
 メッセージを送る企画に参加して頂いたゆかいな仲間たち。
 本当に、ありがとうございました。


 時にはどうしようもなく無力で。
 時には迷う背をそっと押してくれる。
 そんな、言葉が持つ力を私たちは信じていたい。

WONDER-NETのゆかいな仲間たちから、ささやかながら言葉の花束を。
 さくらさん。あなたに届けます。

やーちん&WONDER-NETのゆかいな仲間たち一同



続きを読む: 言葉の花束を、きみに。
| トラックバック(0) | タグ: |


[その他]2006年10月15日

以下の文章中、「ほっちゃん」とは堀江由衣さん、「天たま」は天使のたまご、「スタチャ」はスターチャイルドを意味します。原文はStudio Chocolatさんの所の「堀江由衣の天使のたまご」リスナーに100の質問ページにあります。

続きを読む: 『堀江由衣の天使のたまご』リスナーに100の質問
| タグ: |


[オタク]2006年10月12日

前回の記事から、
 「こんな条件のアニメは絶対見る! アニメの選び方」も書いて欲しい。
 と言うメッセージを頂きました。

「アニメの切り方」と選び方は表裏一体。別の切り口で書くことになるのですが、これがまた難しい。切り方以上に自分の趣味が表れるかもしれませんね。

ストーリーに破綻や矛盾はないか。
 絵に乱れはないか。
 登場人物に共感できるか。

こうした条件もありますし、好きな声優とかお気に入りのスタッフとか魔法少女とかメイドとか喋る武器道具などが出てくると知ったら、いつの間にか見ていることが多いです。


 私の場合、アニメを見る時には何か作業をしながらというのが基本になっています。家事をしながらやパソコンを使いながら。しかし、時には「ながら視聴」をしているのに思わず手を止め、体は次第にテレビの方へ乗り出し、ついには正座をして見てしまう。そんな番組にめぐり合う時もあります。

手を止める時間がもったいない、と思いつつも、反面、すぐに次回放送が待ち遠しくなり、やがてサイトで感想を書いている。私にとっては「カードキャプターさくら」や「魔法少女リリカルなのは」がそのような存在となっていました。

今年もついつい作業の手を緩めてしまうようなアニメに出会えるのでしょうか。期待しています。

| トラックバック(0) | タグ: |


[オタク]2006年10月 9日

秋の新番組が始まりましたね。
 初回放送、2回目の放送くらいはなるべく多く見てやる! と意気込んでいる方も多いかと思います。初回と最終回は満員、まるで大学の講義のよう。

オタクだって忙しい人は数多い。仕事やバイト、はたまた学業に日々の付き合い、一部の人はサイト更新だってあるでしょう。アニオタを自称するのでなければ、アニメにばかり時間を割けません。だから、見た気分になれるあらすじや感想を書いているアニメ感想サイトが重宝します。

私とて多少のアニメは見ますが、どうしても全部をフォローできるはずがありません。そうすると何を見るか、選ばなくてはなりません(※)。

※ 本物のオタクならば、取捨選択を考えずに全て見ようとするかもしれない。

恒例作業ですが、切り方を誤ると三ヶ月、もしくは半年、一年を後悔することにもなりかねません。

思い当たる節はありませんか?
 初回や二回目の放送をつまらなく思い、自ら視聴を打ち切り。その後、徐々に人気が出てきて最終回に至った時のむなしさを(※2)。クラスで話題になっているテレビを、自分一人見ていなかった。そんな疎外感を感じさせます。

※2 わたしゃ「涼宮ハルヒ」でやっちまったよ。

基本的に、私の場合はこんな方法を取っています。



続きを読む: 毎回悩みます。アニメの切り方・取捨選択。


[オタク]2006年10月 6日

とうとう、会社の方々とメイドカフェへ行くことになってしまった。

しかし決戦の地は日本橋。地の利は我にある。
 舞台はメイドカフェ。日本橋のメイドカフェなら頭に叩き込んでいる。情報も抑えた。相手は、勝手知ったる会社のみんな。孫子の兵法にもあるではないか。「彼を知りて、己を知らば百戦して殆(あや)うからず」と。

大丈夫、大丈夫。サイトがバレることなんてない。
 勝利の女神は我にあり! いざ、出陣!


 一人だけ、オタク属性を持っている主催者(やーちんではない!)がいる。主催者を先頭にぞろぞろと男女数人が取り合わせて、日本橋を歩き始めた。

男性陣は、アニメやゲームの店頭をもの珍しそうに覗きながらきょろきょろ。道行くメイドさんを見ては鼻の下を伸ばす。主催者はさも嬉しそうに「ここが『オタロード』で、この店には……」などと説明を始めた。おいおい、そこまで良くさらけ出せるな。

対照的に、アキバ系の男たちが闊歩している風景を見て、いきなり意気消沈の女性陣。

「うわっ」

おいおいおいおい。
 その「うわっ」は、明らかに嫌悪の言葉。自分たちから参加すると言い出したので不満などは全く声に出していなかったが、人がドン引きになる様子をつぶさに見ることができた。

取り繕ったような笑顔が美しかったです。怖ぇぇぇぇ。

主催者が浮かれているうちに、なんとしても店を選ぶ主導権を取り、店の中に入らなければならない。とにかく、メイドさんに顔を知られていない所で、みんなが満足できそうな所へ連れて行く。
 さもなければサイトの命はない。
 
 私は先頭を行く主催者の横に並んで、言った。

「うわっ、ここが『萌えロード』って言うんやー」

わざとらしくなってはいけない。
 台詞によどみがあってはいけない。
 最初の「うわっ」は喜んで発言しなくてはいけない。

主催者の説明に頷きながら、「もしかしてあれ、メイドカフェ?」と、指差してみる。

皆の視線が指の示した先へと集中した。この一連の演技力、今なら大杉漣になれたかもしれない。
 全員でカフェの店名が書いている小さな黒板へと向かう。

今日の私の設定は「仕事柄パソコンに詳しいけど、萌えやオタクに無関心な仕事人」。頭の中で、常に「俺はオタクじゃない」、「俺はふつーのひと」と何度も何度も念仏のように唱えていた。



続きを読む: はぴごサイト防衛戦
| トラックバック(0) | タグ: |


[オタク]2006年9月28日

日本橋のメイドカフェを座巻した後、私の元に恐怖のメールが届きました。

今度、みんなでメイドカフェに行くことが決定しました。
やーちんもぜひ参加してくださいね☆

会社の男女何人かでメイド喫茶に行くのだって。
 もう、我が目を疑ったね。慌てて主催者に電話しました。

やーちん「メイド喫茶に行くんやって? 何でまた?」
主催者「前々からみんなで行きたいって話があったからね。ようやく実現できそう」
やーちん「ふーん、俺は行かないから。じゃ!」←電話を切ろうとする
主催者「その日は空いているって、前に言ってたで」
やーちん「別に俺でなくてもいいやん(泣」
主催者「ウチらで一番オタクっぽいがな。知っているかと思って」
やーちん「いーやーだー!」(以下、主催者とやーちんとの交渉が続く

で。行くことになりました。会社の連中と。
 訪れる場所に寄っては、入った途端に「あっ、やーちんさん。お帰りなさーい」と、個別認識されている可能性も無きにしもあらず。それはすなわち、サイトばれを意味します。

まさか、会社で行く前に「実は既に大阪のメイド屋14店を一日で制覇したのだ!」なんて言える訳がない。順番を逆にして、先に会社連中と行った後に全店制覇をすれば良かったのです。しかし、行く日はメイドツアーと言う祭りの後。

まさに後の祭り。

以前「サイトが会社にバレたら閉鎖、もしくは仕事を辞めて上京する」と宣言したことがあるのですが、その言葉が現実味を帯びるとは思いませんでした。仕事を極めたとは言いがたいし。閉鎖なんてしたくないし。まだ、今はそのどちらも選びたくありません。

Happy-go-Luckyを開設して5年半。
 ついに閉鎖してしまうのか!?(それとも退職か!?)。
 運命の日は刻々と近づいています。

男女連れのグループの中にやーちんがいたら、決して声をかけないで下さい。これからのウチのサイトの行く末を見守ってやってください。

しかしメイドカフェを探すための検索で、既にここにやってきていたらどうしよう。

| トラックバック(1) | タグ: |


[オタク]2006年9月25日

Happy-go-Lucky、サイトばれ事件?
 ついに脱落者が?
 そして感動のフィナーレへティルトウェイト?

シリーズ「日本橋メイドツアーズ」最終回、「萌死編」です。



続きを読む: 日本橋メイドツアーズ・萌死編


[オタク]2006年9月22日

集合時間の午前10時より早く、五人全員が近鉄日本橋駅に集まりました。中には、小学校の遠足に行くかのように前日眠れなかった人もいます。体調は大丈夫なのでしょうか。

「そうそう、もしものためを思って、これを持ってきたんですよ」
 と、一人があるものを差し出します。それは、これからの苦難を思って予め用意しておいた特効薬。萌え死にそうな時でも、これを飲めばたちまちの間にHPを回復するという伝説の品。

ポーション


ポーション(日本価格にして630円)。

全員に驚愕の表情が走った。
 「HPが減るぅぅぅぅ」
 「だ、だれかケアルをっ!」

こんな調子でスタートした「日本橋メイドツアーズ」。これから、13時間もの苦闘に挑むおバカさん、失敬、勇者たちの任務をこなす姿に神々しさすら覚えるでしょう。ほら、後光がさすように、空も晴れてきます。当日の天気予報は大雨だったというのに。



続きを読む: 日本橋メイドツアーズ・詳細編
| トラックバック(2) | タグ: |


[オタク]2006年9月18日

メイドカフェ請求書

2006年9月17日。私たちは伝説になる。

と言う訳で、一日でメイドカフェ14店にお帰りしてきました。
 分量が多すぎるので三回に分けて報告する一回目。今、まだ報告を書いている途中です。領収書の山で既に埋もれそうです。写真をクリックすると面白い拡大画像が見られますよ。

ざっと訪れた店を報告しますと、こんなにたくさん。

10時〜15時(グループA)
1.cafeくらら(サイトなし) アイスコーヒー
2.CCOちゃ  ゆず茶
3.e-maid  限定パスタ
4.萌えしゃんどん  ケーキセット
5.CANDY PANIC  ウーロン茶

15時〜19時(グループB)
6.melcafe  ホットココア
7.めいどるちぇ  ハンドリフレ(10分コース)
8.Cafe Doll(サイトをリンクする際には一報を) 枝豆+メイドさんとチェキ
9.SweetTease  おにぎり+メイドさんとチェキ

19時〜23時(グループC)
10.らずべり〜ドリーム  ホットコーヒー
11.milkcafe  AIR(オリジナルカクテル)
12.maid in cafe  コーンと大根のサラダ
13.月読  はにはに焼酎、他たくさん
14.天使メイドの館  ティルトウェイト(オリジナルカクテル)

もはや萌えを求めるあまり、聖地巡礼か、お遍路まわりのような荘厳さを醸し出しています。

「日本橋メイドツアーズ」Data
決行日 2006年9月17日(日)
決行人数 5名(Komaさん「K's station」、みらちゃんさん、じゅんさん、エルベの蛍さん、やーちん)
一日のお帰り店舗数 14店
日本橋滞在時間   810分(13時間半)
屋敷に置いて来た金額合計 10,970円(やーちんの場合)
最も印象が良かった店  SweetTease(次点で、めいどるちぇ)

採点(以下、5点満点中)
萌死度  ★★
せわしさ度  ★★★★
二度とやりたくない度  ★★★★★
5人でつけた「超・主観的採点表」はこちら。(PDFファイルです)

心配していた台風もコースがそれ、天候もそう悪くならずに回れました。これもオタク4人の祈りが通じたからでしょう。ん? 4人のオタク?

次回から2回に分けて個別報告です。

| トラックバック(3) | タグ: |


[その他]2006年9月15日

ネットでも現実でも「相手のことを思いやる」気持ちが大切です。管理者も胸に手を当てて考えてみます。

 書き込みはあなたひとりの世界ではありません。
よく書き込みをして下さる方だけのものではありません。ウェブ上では多数の目にさらされますよ。その書き込み、自己完結していないでしょうか。
 管理者は全ての書き込みに返信する訳ではありません。
常連さん同士の交流もありますので、特に必要がないと思われるものには返信していません。

 メッセージの削除対象になるもの。
誹謗中傷、一方的な宣伝広告、個人情報の書き込みなど。その他、Happy-go-Luckyの雰囲気に合わないと管理者が判断したものが対象になります。
| タグ: |


[雑記]2006年9月14日

合コンなるものに、ずるずると連れ出されました。
 メールアドレスを聞けずに帰ってきた男がここにいます。

職場の関係ですので、オタ話は一切禁止でした。
何度も書いていますが、職場の人にサイトがバレたらそれこそ閉鎖するか退職届を書かなければならない。そんな思いをしながら今回も恥を全世界に公開しているこの矛盾。

戯言はさておき、さて、どうするか。
こういう時に社交的な人がうらやましい。ほとんどの人に対して、話すのが苦手な割りに、こうしたイベントに参加してしまう。それでも、どこかで女の子と知り合いたいのだろうね。

それが実を結んだことはないですが、仲良くなる可能性が1%でもあれば行くしかないかなぁ、と最近は考えています。何も初対面から「水樹奈々いいですよねー!」と盛り上がることはありません。そんな人なんて、まさに砂漠の中から宝石を見つけ出すもの。

それでも、なんとかして宝石を探そうとしたのです。
 音楽の話になった瞬間に、「どんなものを普段何を聴いているのですか?」と問いかけます。そうすると、話題のアーティストの名前が返って来ます。「やーちんさんは何を聴いてますか?」と、相手の方も形式的にオウム返しをしてきました。
 運が良い。そこで、似たようなアーティストの名前を挙げ、その中のアーティストの一組に「水樹奈々」と混ぜてみます。

便利だ水樹奈々。普通の人にも何回も聞かせたことがあるし。
 その評判も悪くなかったし。何事につけておすすめです。
 さすがはリトマス紙。

同じように歌が上手くても、酒の勢いで平野綾を推してしまうと暴投ですし、最近のJ-POPをよく聴いている人の前で田村ゆかりと答えると危険球。ましてやMOSAIC.WAVだったら、ってまさか言う人はいないと思いますが。

ただし、せっかく勇気を振り絞って答えても、99%の確率で「ふーん」と流されてしまいます。まさに社交辞令。

ここまで読んで、「じゃあ、オタクな合コンならいいのでは?」と思った人もいるでしょう。
 確かに一見、オタク同士の合コンという響きがとても魅力的に思えます。ところが、必ずしも希望に満ち溢れるものではないのですよ(しばらく後に続く、予定)。



[オタク]2006年9月10日

白い空に少しずつ群青色が加わり、次第に夕陽の橙色が混じり、陽は落ちて辺りは闇に包まれる。初の野外公演となった7月の日比谷野外音楽堂では、ライブの曲に合わせて時の流れを表現していたかのようだった。今回の「LIVE UNIVERSE」ほど曲順と時間を意識したことはなかっただろう。

ライブ前の大阪厚生年金会館

そんな一日から二週間が過ぎた。

少し早く着いて、会場であるウェルシティ大阪厚生年金会館を見渡してみよう。意外に女性が多いことに気づくだろう(※)。会場前の道路を隔てた向かい側には、広場と公園が隣接している。持ち込んだラジカセを使って音楽を流したり、談笑したり、コールブックを配るのに余念がなかったり、本を読みながら過ごしたり。それぞれ態度は違えど、思いはひとつ。

奈々ちゃんに会いたい。
 生歌を聴きたい。

野音の勢いもそのままに、水樹奈々は大阪の地へとやってきた。

※ 人気声優の証。と言っても、その内訳は「男8.5:女1.5」くらいですが。




続きを読む: 水樹奈々『LIVE UNIVERSE 2006〜summer〜』大阪公演
| トラックバック(0) | タグ: |


[丹下桜]2006年9月 6日

rainbookというユニットをご存知でしょうか。
 さくらさんのWONDER-NETでおなじみ、時々SAKURA'S CHATでもさくらさんに突っ込まれている前澤ヒデノリさんと(版画家ではない)山本容子さんが組むユニットです。公式サイトの説明によると、

結成は2000年5月。(中略)スローライフ/スローフードの音楽版「スローミュージック」をテーマにゆっくりと末永く活動を開始。ユニット名の由来は、ユッタリとした休みの過ごし方にも色々あるが、あいにく雨(RAIN)の休日に何処にも出掛けず家で好きな本(BOOK)を時間を気にせずゆったりと楽しむ、それがオトナの贅沢! そんな歌版をお届けすることが出来たら良いなぁ…という所からきている。(原文ママ)

だ、そうで。山本容子さんの地元である新潟、そして東京を中心に精力的にライブ活動を行っています。さくらさんも歌詞の提供をしたことが何度かあるのですよ。

前澤さんによると、前澤さんが「RAIN」で「BOOK」が容子さん(ラジオより)。二人合わせて「RAIN BOOK」が関西のα-STATIONことFM KYOTOの「SURPUS DIRECT WAVE」に9月4日(月)に出演していました。

関西でラジオ放送すること自体珍しいことなので、ダイジェスト版を作ってみました。どうぞっ!


続きを読む: rainbook、関西にてラジオ出演
| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2006年8月30日

以前から「『うたわれるもの』に登場する主人公、ハクオロの鉄扇が欲しいなぁ」と書いていたのですが、実際にこの夏使っているうちわは、これです。

いぬかみっ!


人前であおぐには勇気のいる一品です。しかし、秋葉原や日本橋ならば、夏場は普通のうちわとして活躍するでしょう。

水樹奈々のライブにも持って行きました(フェイトのうちわはなかったのさ)。カラオケでこのうちわを使って「友情物語」を熱唱した男がいました。最近参加したオタクな会合(余裕があれば近いうちに書くかも)にも、目印として役立ちました。都会のど真ん中で出すのは恥ずかしかったけどな。

なぜか珍しいらしく、今年は重宝しています。実用もできます。今も私の机の上に置いていました。ところが、

やーちん母「これ貰っていい?」

かわいいからと言う理由で、「いぬかみっ!」のうちわを借りて行かれました。もちろん、キャラクターやアニメは知っているはずがありません。

おかーん!

頼むからそのうちわを持って買い物へ行くなんて真似はよしてくれ……。



[ウェブ制作・運営]2006年8月18日

ブログの作業は水面化で着々と準備を進めているのだが、今回の移行では過去の日記からも反響のあった記事を再公開しようと考えている。そういう訳で、2003年から2005年までの間に書き綴った日記を読んでいると、

おもしれー!

自分の書いた日記を自分で読むと、なんて面白いんだろう。
 本日の更新をすっ飛ばして読み進めてしまった。時系列に日記を追ってゆくと、その時に何に興味を持っていたのかがよく分かる。丹下桜から始まり、水樹奈々を始めとする声優、魔法少女のアニメにメイドさん。そしてオタクという存在そのものへと移って行った。

日記を書き続けた3年間、サイトを更新してきた5年間は、引っ込み思案で内向的な私にとって(今でも改善されてはいないが)、人とのつながりを教えてくれた大切な宝物でもあった。

今、それなりに大きくなった自分のサイトを見つめ直してみる。
 アクセスが一日数件しか無かった頃に比べて、熱意はあるだろうか。
 日々の更新が重荷や義務になっていないだろうか。
 掲示板によく書き込んでいたサイトや、いつも来てもらっている方々に対して驕りはないだろうか。

ここは明らかにオタクサイト。
 始めた頃から、どれだけ知識が増えようと、どれだけオタクになろうと構わない。しかし、サイトにつながりのある方々の存在を忘れたら、更新は途絶えがちになり、閑散としだし、やがてサイトとしての死を迎えてしまう。

「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」
 そういう精神を忘れないサイト管理人でありたい。

| トラックバック(0) | タグ: |


[オタク]2006年8月11日

この間、美容室みたいな所で髪を切ってもらっていたら、東京の話になりまして。

店員「六本木ヒルズとか行ったことあるんですか?」
やーちん「ありますよ。見ただけですけどね(笑)」

こんな無難な話で終わるはずが。

店員「今流行りのアキバにも行ったんですか?」
やーちん「うーん(少し迷って)。連れて行ってもらいましたよ。観光客みたいな人が多かったですね」

なぜ俺を見てその台詞を吐く?

店員「メイドとかいるんでしょ? テレビでやってましたけど」
やーちん「いましたねー。初めて見ましたよ」
店員「なんか、オムライスの上に『萌え〜』とか描いていたりしてましたよ。テレビで。」
やーちん「毎週そういう所に通いつめる人もいるらしいですからねー。あははは」

俺の行動を知っているのかー!

これは大阪で注文したの


もうこうなったら髪を切りに秋葉原まで行くしかないのかっ(「moesham(モエシャン)」)、オタクな美容師がいる店って、秋葉原でなくとも繁盛しそうな気がするのだけどなぁ。

| トラックバック(0) | タグ: |


[オタク]2006年7月25日

奇食の次は和食です。 でも、20歳以上かつローカルなお話。

これは先週に書いた奇食レポ。 喫茶マウンテンへ山登りに行こう

月読外観

読んでいない人は、ぜひどーぞ。
 なんだか即席食べ物レポサイトみたいになってきました。

今回は、大阪は日本橋にある和風居酒屋「大正浪漫酒房 〜月読〜」にやってきました。ネコミミモードでーす。(※ ネコミミモードは、正確には「月詠」と表記)

日本橋のメイドカフェ、e-maidの姉妹店なので、メイドさんではなくて、大正時代風の袴姿で女中さんが給仕していました。今年の6月オープンで、和を装った店内は椅子(カウンター、座席あり)も机も綺麗。女中さんの元気も良い。落ち着いた雰囲気に期待もしてしまいます。

女中さんとチェキを撮るサービスなんてありませんから。
 お酌をしてもらえる店ではありませんから。いや、それは違う店か。
 まず居酒屋ありきです。

そんな中に、オタクが3人。
 その実態は、彼女持ちとやーちんと、なんとオタパパ。オタクなおとーさんって、貴重ですよね。

席に案内され、メニューを見ると、こんなものが。

米焼酎「月は東に日は西に」

これは、どうやって声に出せば良いのだろうか。
 「『はにはに(ゲーム作品名)』ください」と言って、原画を描いている、べっかんこうについて語るべきだろうか。

それとも、真面目に与謝蕪村の俳句、
 「菜の花や 月は東に 日は西に」
 をイメージして「月は東に日は西に、ひとつ」と頼めば良いのだろうか。

迷った結果、「これください」とメニューを指差してみます。
 「『はにはに』ですね」、と注文を取る女中さん。
 女中さんたちの間で、「『はにはに』ひとつお願いしまーす」「はーい」 などという声がこだまする。

やっぱり前者か!
 これから、米焼酎を頼むみなさん、迷わずに「はにはに」と言うんだよ。




続きを読む: 日本橋の和風居酒屋・月読
| トラックバック(1) | タグ: |


[雑記]2006年7月21日

ある人は魔都・名古屋の最高峰と称した。
 ある人は名古屋が世界に誇る山と讃えた。

喫茶マウンテン。今やその名は誰もが一度は聞いた事があるだろう。
 これは、マウンテンに挑んだ男たちの、壮絶な戦いの記録である。

あった。

マウンテンに行くためには、地下鉄鶴舞線・いりなか駅にて下車をして、しばらく歩かなければならない。上り坂を歩く。少しずつ傾斜が高くなってくる。中には、この暑さにやられて麓に辿り着くまでに疲れてしまう人もいるだろう。忘れてはならない。マウンテンとの戦いは既に始まっているのだ。

ほどなくすると、喫茶マウンテンの看板が姿を現した。
 ここで、幾人もの冒険者たちが遭難したのだろうか。
 それでも、マウンテンの持つ魅力に惹き付けられて、勇敢に挑戦する人は後を絶たないという。今日もまた、店の前には登山者が列を成していた。

地元のシェルパ(マウンテンに慣れた人のこと)によると、人気店だけに店外まで列ができている日も多いとか。しかし、「マウンテン」は喫茶店なのに長居をする店でないという。

マウンテン外観

喫茶店なのに、長居できない。
 その理由を、私は扉を開けた瞬間に知った。

鼻を衝く異様な匂いは言葉にすることはできない。山に来たのにもかかわらず、新鮮な空気が欲しくなる。マウンテンがその名を一躍広める事になったのは、奇天烈なメニュー故だ。甘口のスパゲティ。辛口のかき氷など。それを毎日毎週毎月毎年作っているのだろう。普通の料理ではない匂いがこびりついているのも無理はない。7月の暑さと皆の熱気が空気を淀ませる。店の中ですら、汗が噴き出してくる。

店の外に出てきた人で「ああ、新鮮な空気があったー」と叫ぶ人もいた。



続きを読む: マウンテンへ山登りに行こう
| トラックバック(1) | タグ: |


[オタク]2006年7月17日

安城市文化センター

堀江由衣が出演しているというので、愛知県は安城市文化センターのプラネタリウムを見てきました。ほっちゃんの怒りを通り越して理不尽にキレる様子が可笑しいので、夏休みにでもぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

ほっちゃんが出演しているプログラム「迷?探偵クリス part4『クリスの星空相談所』」は、9月上旬までです。笑える思い出とともに、天文の知識も増えますよ。

安城市文化センター

そんなこんなでプラネタリウムを後にする。

さて、名古屋と言えば。
 モリコロパークなどは気にとめず、どうせ大須のメイドカフェへ行ったのだろうって?
 なんでそれを知って……、って違うわっ!

| トラックバック(1) | タグ: |


[雑記]2006年6月 3日

流行の県内の公共温泉施設には、休日になると客足が増える。
 そのうちの一つに行ってきた。

着替えていると、バイトだろうか、若い女の人が着物風の作業着ですたすたと入ってくる。もちろん、男湯。混浴じゃないよ。

目が点になった。更衣室だけではなくて、「クレヨンしんちゃん」で言う所の、ぞうさんやマンモスが多数闊歩している浴場まで、子どもから若い男、老人までいる所に入りこんで作業をしている。

中には見せびらかすようにその横を通る客もいる。一部始終を見ていたやーちんは、ただただぽかーんとしていただけだった。


……待てよ。世の中には「逆も真なり」という言葉がある。

男湯に女の子が来るなら、もしかしたら、女湯には男のバイトが行っているのか? さっすが奈良県、官庁主導で出会い系をやろうとしている(※)だけのことはあるぞ!

※ 少子化対策ということで、独身男女に出会いの場を提供したり、既婚者のなれ初め話などをまとめたのを本にして出版したりしているらしい。私も出会い系の団員に参加しないかと誘われたことがあります。

風呂から出た後、女湯ののれんを見る。
 数は少ないが、確かに受け付けの所に男のバイトはいる。中までは確認できない。
 楽園はそこに存在しているのだろうか。
 なんてうらやま、いや、とんでもない温泉なんだ。

あの、求人広告はいつ出しているのでしょうか?

| トラックバック(0) | タグ: |


[オタク]2006年5月18日

声優講座のパンフレット

U-can(ユーキャン)の通信講座を申込んだことがあるでしょうか。小西真奈美や織田裕二がコマーシャルに出ていて、時々新聞の折り込み広告も入っているアレです。

実はやーちん、一度「速読講座」なるものを申し込みました。数百ページもある分厚い本がわずか数十分で読めると信じて。結果、途中で投げ出しましたが。

そして資料だけ申込みました。それは「声優講座」


27歳。一人の男が現実を無視して妄想の世界へ走り込み、ついには声優を目指そうと決意する。まずは代アニか? それとも東ナレか? と、考える中、通信講座でも声優になれると書いている。

届いたのは「Voice Artist」と記された一通の封筒。
 そこには、「業界最大手、青二プロダクション」の制作協力と書いている。ボイスアーティストって、さくらさんの造語じゃなかったんだね。

封筒を開けて、パンフレットを読む。どうやら古谷徹さん、國府田マリ子さん(今や、人気・実力ともNO.1声優……原文ママ)らがナレーションを務めている豪華なテキストで学習するらしい。青二に所属している方からの受講生へのメッセージもありますが、中でも目を引くのが故・塩沢兼人さんの一文。

「あきらめも肝心です」
 深い。深すぎる。

さあ、後は申込書を書いて受講料を払うだけ!?

| トラックバック(0) | タグ: |


[旅と舞台探訪]2006年5月 7日

右端に野中さんのサインがっ!

自分の車を買って、初めて訪れた場所。

江草天仁さんとアルケミストが描く、切なげで優しい「びんちょうタン」の世界。「びんちょうタン」たちの故郷である、和歌山県はみなべ町にやってきました。

阪和自動車道を南下して終点であるみなべICを降りると、そこは「びんちょうタン」が生まれた里。山に囲まれていますが、少し走れば海風にも吹かれそうな所なのです。日本一の備長炭の里、そして「びんちょうタン」はもうすぐ会える、と考えると心が躍ります。


紀州備長炭振興館

欧風の家々が美しい、くぬぎタンたちが住む街。静かな山並みが広がる、びんちょうタンやちくタンが住む山。この二つを舞台に、物語は紡がれます。もちろん、みなべ町は後者。北へ向かえば、世界遺産にもなっている紀伊山脈の雄大な自然に触れることができるでしょう。温泉で有名な龍神方面へ向かうと、そこはもう杉林が生い茂る山の中。広がる風景や作中の「田舎入口」と書いたバス停とそっくりな停留所を見る度に、「びんちょうタン」の世界を実感できます。



続きを読む: びんちょうタンの里をめぐる冒険
| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2006年3月 4日

思い切って中古車を買ってみた。
 見た目は新品に見える。

と言っても、車本体よりも、今持っているパソコン(Mac)の方が値段が高い(笑)。それぐらいボロ車だけど、走行には問題がなさそうなので購入を決意。

車を買ったら、前々から行ってみたい場所があった。
 紀州備長炭の里。和歌山県は日高郡、みなべ町。

それは、TBS系列で放送中の「びんちょうタン」の里。

本当は梅の時期に行くのがよさそう。

今回はアニメ放映もされている。関西では3月11日から放送が始まる。主演の野中藍さんと一緒に行くバスツアーぶらくり雑記帳より)も行われている。

この機会を逃す手はない。
 春風に誘われて、少し遠出をしてみよう。

| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2006年2月18日

占い師にタダで占ってもらう機会があったので、見てもらった。
 ネットで占いと言えば人気のコンテンツのひとつだが、いざお金を払って占ったという経験を持つ人は少ないのではなかろうか。その占い師も週に何日か、大阪は石切の店で占うと言う。

石切と言えば、民間信仰の盛んな地でもあり、石切神社周辺には雑多で怪しくカオスな雰囲気を漂わせた占いの館が何十と軒を連ねている。当たるも八卦、外れるも八卦。

占い方法は、四柱推命学を得意とするようだ。生年月日から、その人の性格や運勢を判断するらしい。占い師はある種の統計学だと述べていた。

生年月日を告げて、運勢を調べてもらう。
 開口一番「仕事で迷ってますねー」。
 な、なぜ分かる! これが占い師の実力か!?



続きを読む: 恐るべき占い師
| トラックバック(0) | タグ: |


[オタク]2006年2月 9日

堀江由衣は歌手にはなれない。

ファーストアルバム「水たまりに映るセカイ」から5年。最近作「嘘つきアリスとくじら号をめぐる冒険」と比較すると、確かに歌い方は上手くなっている。作詞家作曲家もスターチャイルドが誇る布陣で臨む。

「嘘つきアリスとくじら号をめぐる冒険」は、「不思議の国のアリス」の世界観でできている。そして、今回のライブツアーも同様だ。舞台にはスクリーンをセットしており、ストーリー構成がある。不思議な穴に落ちてからはじまる堀江由衣の小さな冒険だ。

ステージにはトランプの兵隊を模したダンサーたちが数名。天井には飛行船「くじら号」。そして主役のアリスは堀江由衣。アリスを思わせるような衣装は「マッシュルームマーチ」によく似合う。

ここで、ギターやドラムなどのバンドがいないことに気づく。曲は全て打ちこみ演奏なのだ。曲に合わせて右に左にと舞台を駆け回り、客席に向かって手を振る。果ては剣を手にしたり、(ストーリー上)指輪を探したりする。曲は聴かせるものではなく、ストーリーを盛り上げる為にあるようだ、と思わせる程だ。

ライブの始まりから終わりまで一貫して、アリス=堀江由衣の冒険を描き出している。 歌を挟み、イベントに物語性を持たせることで、新谷良子のライブと通じる物がある。

歌手にはなれない、けれど、声優である。
  こうしたイベントは、声を当てる本来の仕事であるアフレコと比べて副次的な物かもしれないが、ファンサービスとして、4年ぶりのライブは大きな意味があったのではないだろうか。



続きを読む: 堀江由衣Second Tour 2006『堀江由衣をめぐる冒険』
| トラックバック(0) | タグ: |


[その他]2006年1月 1日

唐突ですが、本日(2006年1月1日)でHappy-go-Luckyは5周年になります。
 公開当初は丹下桜さんファンサイトから始まり、日記を導入してから次第に日記の比重が高くなりつつ、今やほとんど個人サイトへと変貌しています。

そこで今回は、過去のリニューアルのデザインを晒し上げるとともに、数回に分けて、これまでの5年間を振り返ってみたいと思います。「Happy-go-Lucky・5周年記念企画」始まり始まり〜。



続きを読む: Happy-go-Lucky・5周年記念企画
| トラックバック(0) | タグ: |


ページ |  1  |  2  | 全部表示


Copyright© 2001-2015 Happy-go-Lucky 管理者:やーちん <--/* */-->