ページ |  1  |  2  |  3  |  4  | 全部表示

[雑記]2015年9月26日

お久しぶりです。約半年ぶりの更新になりました。
 ある程度は覚悟していたのですが、さすがに時間がない。
子供が生まれたことに加えて、自分の仕事が前年度比で1.5〜2倍くらいの量になりまして、その2つから全く更新もできませんでした。

もし仕事量が増えなければ、多少はブログも更新できたのかなぁと思います。
 オタクな活動もほとんどできません。1週間にアニメを1〜2本見る。日曜夜9時半からラジオを聞く。約3ヶ月に1回、大阪の日本橋に出かける。今の自分にできるのはこれくらいです。たぶん、現役で活動している人の話を聞くと、もう着いていけないような気がするなぁ。
 自分の中に知識として取り込む量が圧倒的に少なくなっているので、文章としてアウトプットできる量も少なくなっているような気がします。

あと、寝床まで辿りつけずに、よく床に転がって寝るようになりました。子供が寝てからが僅かな自分の時間があるのですが、その時間を使って勉強するか、ネットをして遊ぶ。そしていつの間にか寝てしまう。そのようなことが多くなりました。この日記も午前4時に書いていますし。

偉大な手塚治虫大先生(だったと思う)は自分のベッドで寝たことは数十年なかった。ずっと忙しくてソファで寝ることがほとんどだった。従って、いつも床で寝ている私も偉い。と家人に弁明してさらに怒られる悪循環。


 そんなこんなで、近況報告でした。
 これからは少しずつでも、更新できる環境を作っていきたいですね。
では、また。

| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2015年3月14日

ツイッターの方では少し書きましたが、娘が誕生しました。
 10年前はただのオタクだったのに、いつの間にか結婚してオタパパになっていました。本質的な所はなんにも変わっていない気がしますが、立場は変わるものだよなぁ。ちなみに、娘の名前は一部で期待されていた、このサイトに合った「桜」でも「桜子」でもありません。名前は読みやすくて、大人になっても違和感なく、女の子だと一目で分かる可愛いものを考えていました。そういう意味では「桜」は一度候補にも上がりかけたのですが、最終的には違う名前を付けました。


 それはそうですけど、ふと気がかりになることがありまして。
このウェブサイトは自宅で更新しているのですが、もしかしたら、いつか子供がこのサイトを見つけてしまうのではなかろうかという不安がよぎりました。

心配になって、自分の過去の記事を検索してみたのですが、出てくるのは男のオタクから見た、(キャラクターに向かって結婚してくれ等と書いている)アニメの感想、声優の話題、他には自分の日記も見つかりましたが、過去の自分の行動が恥ずかしくて読むのを途中でやめました。

これはやばい。会社にサイトバレするくらいやばい。今はまだ大丈夫だけれど、10年ほどしたら見つかる可能性は高い。サイトを始めてから15年近く経ちますが、まさかこういう事態が発生しようとは思いもしませんでした。

時間に追われる生活を送っていますが、サイト更新は自分の趣味の大きな部分を占めるので、更新間隔が空いてもずっと続けて行きたいと思っていました。しかしここにきて大きな壁が。どうしよう。閉鎖はするつもりがないので、継続させる方向で思いつく対策をあげてみましょう。

対策1.品行方正なサイトにする
過去記事から父親としての威厳がなくなるような記事を削る。何だかほとんどの記事が消えそうな気もするが、現実的な対処法ではある。

対策2.他分野の記事を書くサイトに変更する
前々から株式投資の記事を書き続けたいと思っていました。名づけて「やーちんの当たらない株式投資」 うーむ。記事は書けると思うけど、このサイトの雰囲気とは全く合わない。

対策3.娘を同類にする
オタクはなろうとしてなるものではないし、抜けようとして抜けられるものではないと考えているので「英才教育」をするつもりはなかったのですが、同類になれば過去の記事には違和感も感じないはずだ(笑)。


 オタクで子供も育てている方も多くいますけれど、それに加えて(一般のブログではなく、オタクな話題の)ブログやサイトも更新し続けていますという人は一体どれくらいいるのでしょう。そういうサイトをあまり知らないので、数は少ないのかなと予想してはいるのですが、このサイトも更新頻度が少なくても、これからも続けられるような体制を作っていきたいですね。

| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2015年2月15日

今回はまったく趣向を変えて「婚活」編です。
 結婚相談所にて婚活をしているけど、なかなか進展しません。という話題もオフ会でやりました。
 まーねー。自分もいろいろやりましたから、男性の元(?)オタクの観点からなら、いろいろ語れるかと思います。

まず、結婚相談所を簡単に説明しますと、 そこに登録している男女をスタッフに紹介してもらって、お見合いをセッティングしたりします(他にも紹介方法はありますが、今回は割愛)。
 初回はホテルのロビーなどにある喫茶店で顔合わせをしたり、相談所内にある応接室などで会うことが多いです。スタッフはお見合い男女の引き合わせはしますが、途中で退出することがほとんどです。ドラマで一度は見たことがあるでしょう。「後は若いお二人で」のような場面が本当に体験できます。

初回がうまく行けば、後は普通の男女交際と似ています。ざっと書くと、

1.初回お見合い
2.仮交際(初回終了時点で、お互いがまた会いたいとスタッフに伝えると「交際」となる。知り合いの段階)
3.デートを1〜3回する
4.本交際(恋人として付き合っている段階)
5.デートを繰り返す
6.婚約(この時点で相談所での活動は終了。5までの段階で終了する人もいます)
7.結婚

となります。名称は違えど、普通に結婚に到る道とよく似ていますね。
 人によっては1〜3を繰り返す人もいますし、婚約まで2,3ヶ月で一気に辿り着く人もいます。「仮交際」の間は複数同時に交際することも認められているので、3人、4人と同時並行になると誰にどんな話をしたかを忘れることがありそうですね(笑)。

その昔、私も結婚相談所に行って話を聞いたことがあります。そこでスタッフからは「モテナイから相談所に所属している人もいるにはいるけど、大半が容姿も性格も普通の人だと思いますよ。美人もいますけど、多いわけでもありません。つまりは現実の割合とあまり変わらないのではないでしょうか」と説明を受けました。

また、その相談所では1年以内に結婚を決めている人は3〜4割くらいということでした。これを多いと見るか、少ないと見るか。数十万円というお金を事前に払う所も多いので、実際に結婚できれば払った甲斐もあると思うのですが、結婚できずに年数が経過した場合、結婚できると思って大金を払ったのに結婚できない! と納得できないこともあるでしょうね。

前置きが長々と続きましたが、ここからが本題。
 オフ会の中で出た、印象に残った話と私の感想を書きますね。


続きを読む: 婚活について
| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2015年1月 3日

新年明けましておめでとうございます。
 Happy-go-Luckyも14周年を迎えました。いつも見て下さってありがとうございます。

さて、恒例の年初の更新「昨年を振り返り、新年の抱負を語る」日記ですが、2014年は「充実したオタク活動をする」でした。改めて思うと、実に良い目標を立てたものだ。

アニメもシーズンごとに1作品は見られたし、伏見稲荷に聖地巡礼もしていますし、桜さんではないですが、ライブにも参加できました。なので、近年になく充実した一年だったと思います。


 その他に、友人とした約束で「仕事関係の試験に合格しないと一年間オタク活動禁止」という恐ろしい約束も昨年は(日記に書かずに)実施していたのですが、こちらも無事合格していましたので、継続してオタク活動ができていました。試験関係は結構強いらしいです、俺。

一方、サイト面では少なくとも月に1度は日記を書く。「丹下桜のRadio・A・La・Mode」のログは毎週きちんと整理する。という目標を自分の中で掲げていたのですが、こちらは日記が年9回。ログが年35回と、両方合わせて7割程度の作成率でした。自分の生活が忙しくなってしまうと、すぐに更新が途絶えているので、こちらも本年は100%に近づけるように努力したいですね。


 そんな昨年を踏まえて、2015年の抱負は、

1.毎日1時間勉強をする(その時間を確保する)。
2.日記を書く回数とログの作成回数を2014年より増やす。

としましょうか。充実したオタク活動は、昨年の自身の様子から考えるとできるだろう、と思って抱負にいれません。そして、特に1番については、仕事面で自分の実力が及ばないことが多数あるので、少しでもカバーするために毎日1時間は勉強しようかと思っています。もっとも、この日記を書いている本日時点で、正月から既に3日間何も勉強していません。いきなり目標崩壊しています(笑)。


 公私ともにますます時間の使い方が重要になってくる一年になると思いますが、サイト・管理者ともども、本年もよろしくお願いいたします。
 2015年が、良い年でありますように。

| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2014年11月30日

十年来、怯えていることがありました。
 それは、右下奥にある親知らずを抜かなければならないということ。最近その歯が痛み出し「病は気から。気のせいだ!」と自分をごまかしていたのですが、本格的に痛むと治療が難しくなるので、その前に行って来いと周りの人から諭され、治療を受けに行ってきました。

歯科医の説明によると、歯は普通縦に生えるけれど、右下奥の親知らずは横に生えていて、ほとんどが歯ぐきの中に埋没しているらしい。こうなってしまうと簡単には抜けないので、歯ぐきを切開してから親知らずを抜いて、傷口を縫合するとのこと。

切開・縫合って、自分の中ではもう手術だよ……。
 なんで俺の歯は横に生えてるんだよ……。

さらに追い打ちをかけるように、説明が続きます。
 抜く親知らずの近くには顎の感覚を司る神経もある。太い神経なので間違えて切ることはまずありえないけれど、万が一神経を傷つけた場合、下唇や顎にしびれが残る場合があります。とのこと。歯科医から説明を聞いている時点で萎えてきます。もう帰りたい。


 結論からいうと、やはり抜け難かったらしく、1本抜くのに1時間以上かかりました。
 まずは局部麻酔。どうせなら全身麻酔の方が良かったと思いながら、親知らずの周辺に注射をされます。これはそんなに痛くない。

次に歯ぐきを切開し、横向きに生えていた歯を抜きやすいように露出させます。麻酔が効いているのでまだ痛くない。ここから先は歯が抜けにくいので、何個も分割するようです。ミシミシという骨が潰れるような音が頭の中に響くので、気持ち悪いことこの上ない。

そして次第に痛みが酷くなります。もしかしてこれ、麻酔切れてきた? と思いつつ「もう痛みに耐えられません」と歯科医に訴えても麻酔の追加投入もなく「大丈夫。もうすぐ終わりますから頑張りましょうねー」とのこと。
 頑張る前に死んでまうわー!

1時間近くほぼ休憩なしで口を開けているので顎も痛いです。治療用の椅子に座っていると腰まで痛い。でも一番痛いのは右下の親知らず。だんだんと息も絶え絶えになり、目から涙が滲み、全身は汗でぐっしょりになっていました。最後の頃はただただ早く終わってくれと念じるだけでした。

やがて、取り出されたのが5分割された歯のかけら。自分の歯ですけど、今回ばかりは愛着もなく、お前が痛みの原因か! としか思えませんでしたね。


 術後の経過は良好なようで、術後当日こそ少し痛みはありましたけど、腫れも少なく、ご飯も普通に食べられました。2日目以降にはもう痛みもあまり感じませんでした(むしろ抜歯中は人生最大級の痛み)。

後日、医療関係者にこの話をしたら「そりゃ良かったね、上手い人に当って」と言われました。どうやら上手な歯科医だと抜歯の際に周辺の組織を傷つけるのを最小限に抑えるので、術後の痛みは少なく、回復も早いそうです。


 余談ですが、抜いている最中に「いやー、なかなか抜けないな」とか「うーん、無理だなあ」と歯科医の方が呟いていたのですが、患者はとても不安になりますね。歯が分割されたまま、抜けずに治療が終了したらどうしようなどと考えていましたから(笑)。ただ、振り返ると自分も「できないなあ」とか「これは無理!」などと言いながら仕事をしていることがあるので、もしかしたら同じように人を不安にさせていたかもしれません。

| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2014年9月14日

同窓会の連絡に使うと言う訳で、今更ながらfacebookに登録しました。
 facebookというとリア充の巣窟——巷には私がリア充だという話があるけれども、その真偽はさておく——ということで、今まで登録すら考えたことがなかったのですが、一度もやらずに断るのもなんだかなぁと思い、参加し始めました。

恐る恐る色々な人の投稿を見てみると、出るわ出るわ。20代の人なら「彼氏とデートです☆」とか「海外のどこそこに行きました」とか。同年代なら子どもの成長記録とかもあったなぁ。

「彼女とデートです☆(画面上で)」、「海外で置いてけぼりにされました」などと書いてもらえると、私も実際にあったので共感を覚えるのですが、残念ながら見つけられませんでした。


 日記も何か書いてみようとしたけれど、全く書けません。
 facebookは公私ともに関わる人がいるので、このブログがバレないように、内容を全くかぶらないようにしないといけません。そうなると自分も「今日は○○でランチ。おいしかった♪」みたいな日記を、きっとfacebookに書くと思います。文章を書くのが上手い人なら、そんな内容でも面白おかしく書けるのでしょうけれど、自分にはその技量はありません(むしろ、技量があったらいつか特定されるかもしれないが)。

facebookは、上のような「仕事もプライベートも充実しているワタシ」みたいな投稿を楽しんでいる人もいますし、卒業してから連絡のなかった同窓生と連絡を取り合えて、そこから付き合いが復活したような例もありますから、それはそれで需要があるのでしょう。


 だけど、やはり自分にはなじめないだろうな。
 学生時代を振り返ってみても、恋人がいるはずもなく(そもそも異性に話しかけることができなかった!)、友人も少なかったし、学校から帰って来たら漫画を読んでいたり、ゲームをしていたりして過ごしていました。

付き合いが少なかったのが幸い(?)したのか、本当に付き合いを続けたい人は既に何らかの連絡手段を持っているのですよね。なので、知人レベルだった人の投稿を今後も見続けたいかというとやはり疑問で、しばらくしたら飽きてログインしなくなっているかもしれません。

何か書きたければ自分のブログもあるし、facebookをやめたらやめたで、それでもいいか。

| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2014年7月 5日

先日、ディズニーランドに行ってきました。それも生まれて初めて。
 ディズニーに縁のない私のようなオタクからすると、対角線の向こう側にあるような究極的にアウェーな場所ではないですか。今まで近づこうとも思わなかったですけど、夢の国に行ってみると意外に楽しめました。男同士でも楽しめることもできなくはないなと思います。


 行ってみて思い出したのですけど、ディズニーランドにはクラブ33(CLUB33)という会員制のレストランがあります。そのレストランは、通常は会員制になっていて入れません。しかも個人の会員は募集しておらず、主にディズニーのスポンサー企業が会員になっていて、法人名義で入れるとか。接待等で使うのでしょうか。

一般の個人なら「JCB THE CLASS」というクレジットカードを持って、メンバーズセレクションという年一回の特典(カードホルダー向けの選べるギフトみたいなものです)を利用して、クラブ33にてランチをすることが可能です。これがスポンサー企業の力というヤツですか。偉大です。


 それで、当日はもちろん私もこのカードの特典を使ってそこへ行って……行けるかぁ!

カードの年会費、50,000円(税抜)ですよ。来年になったら消費税が10%になって、55,000円ですよ、多分。世の中にはもっと高額な年会費を要求するクレジットカードがあるのですが、年会費の高さに尻込みしてしまいます。もちろん、年会費と対価になるサービスも付属するのですが、使いこなせるかはその人の生活スタイルによります。


 このサイトではあまり書いていませんが、カードの一部分だけを見て、そのカードの名前を当てられるという全く何の役にも立たない特技ができた程、その昔、クレジットカードに詳しかった時期がありました。かつて「JCB THE CLASS」に手持ちのクレジットカードを変更しませんか? というインビテーションを頂いたこともあるのですが、年会費の高さに恐れをなして見送ったことがあります。まさか今になって響くとは。


 その頃の、クレジットカードに夢中だった頃の記憶が、今になって蘇ってきます。独身だった当時は、そんなカードを持っても使いこなせないなと思っていたのですけど、妻や子どもがディズニー好きなら、まあ、持つのもアリかなと考えを改めました。
 最も、改めた所でその高い年会費をずっと支払い続けることは変わらないのですが。1年だけならまだ良いですよ。10年持ち続けたら、50万円以上も年会費として払うのですから。維持して行くのは大変ですね。


 そうそう。このようなプラチナカードを出して「おお、すごい」と反応するのはクレジットカードオタク、俗に言うクレオタがほとんどですから(普通は券面を見ても、それがすごいのかどうか分からない)。女の子にカードを見せて、この人素敵と思われることも、ほとんどないでしょう。
 私に見せると、とても反応すると思います(笑)。

| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2014年2月28日

日曜のお昼に朝日放送で放映している「アタック25」というクイズ番組ってありますよね。
 個人的にクイズは好きだったので、ずっと昔から見ていました。あの番組って出場したら、色々商品も貰えて、優勝したら海外旅行にまで行けるかも知れない。海外に行くのにもお金かかるしなぁ。クイズは自分より答えられそうな人は周囲には見当たらない。これ、もしかしたらテレビに出られる本選まで行けるのではないか。出場できたら優勝できるのではないか、という考えが頭を占め始めました。

ただ、1人でテレビに出るのにも勇気が必要なので(もう出場できるつもりになっています)、同じくクイズが好きな妻を誘って、先日、夫婦ペア大会の予選に参加してきました。


 私達が参加した予選会はペア大会のみの人が来ており、夫婦ペア大会と親子ペア大会の人がたくさん集まっていました。その時の人数は70人〜80人くらいだったように思います。


 最初にすることは、エントリーシートのような応募者用紙を書くこと。
 テレビ局のスタッフから軽快なトークを交え、説明を受けます。氏名や住所等はもちろんのこと、クイズ番組なので、得意分野や苦手分野を記入する項目がありました。本選に出場した場合、全く答えられずに番組終了となるのを防ぐために、出場者4組の得意分野からそれぞれ1問ずつサービスで出題しているそうです。
 また、収録は平日になるので、都合の悪い日があれば書く項目もありました。

その後は、自己PRを書く項目があります。「この番組に出てみたいという意気込みをアピールして下さい」と言われました。テレビ出場時に司会者から振られる会話のネタにもなりますし、重要項目ですよとスタッフの方が話していました。しかしこの項目、書く時間は5分しかありませんでした。参加する方は、あらかじめ何をPRするかを考えて行った方が良いのでしょうね。


 30分程かけて用紙を書き終えたら、ようやく筆記試験。クイズの予選問題が配られます。選択問題ではなく、全て記述問題。漢字で回答する自信がなかったらひらがなでも良いそうです。

問題は30問で、それを8分で解きます。1問あたり16秒。16秒って結構早いと思いますが、このスピードが本番のクイズの回答時間と同じくらいなのだそうです。問題は一般的なクイズ(○○国の首都はどこか? というような問題)が半分、時事問題が半分です。時事問題に関しては、新聞を読んだり、ニュースを見て覚えておくと対応できる問題が多かったように思います。しかも、その中には最近のオタクの流行に関する問題も一問あり、思わず吹き出してしまいました。もちろん正解したけれど。
 ちなみにこの筆記問題は、本選より難しいレベルで設定しているそうです。


 そしてクイズの時間は終了。その場でスタッフが回収し、結果を待ちます。この問題の答えはこうだとか、あの問題が分からなかったとか、色んな話題が待ち時間の間に飛び出すので、この時間帯が結構楽しかったです。
 15分程すると、試験結果が発表されます。成績上位数組が呼ばれ、別室で面接を受けます。呼ばれなかった人はここで終了になります。


 井の中の蛙、大海を知る。
 優勝して海外旅行だ! と、意気込んで行った割には8割もできていなかったと思います。なので、諦めて帰る準備をしていたら名前を呼ばれたので驚き。逆に、ここで呼ばれてしまったので「やっぱり俺、クイズできるやん!」と変に自信をつけてしまいました(笑)。


 今度は集団面接です。合格おめでとうございますと告げられ、写真を撮ってくれます(応募者用紙に貼るのでしょうか?)。面接と言っても、和やかな雰囲気で、自己紹介の後に先程の応募者用紙に書いてもらった内容に沿った質問等を2つ、3つされることがほとんどでした。普通に受け答えできるか? テレビに出演しても問題ない人物か? を見ているようにも思えました。

今回の面接については、応募したきっかけや、夫婦ペアの人なら同局放送の「新婚さんいらっしゃい」のような2人の出会いについて聞かれている人が多かったです。自分はと言うと、スタッフからの質問に答えるのに考え込んだのが原因かどうか分かりませんが、面接は落ちてしまいました。

この面接を突破してようやく本選への出場権を手に入れることができるのですが、出場権を手に入れている人は多いので、出場権を持っていても、本選に出場できない(テレビ局から呼ばれない)ことが多々あるそうです。出場権の有効期限は1年間。それを過ぎるとまた予選からやり直すことになります。道は遠い……。


 結果を聞いて、妻からは「クイズの研究より面接の練習でもした方が良いんじゃない?」と、ばっさり。筆記だけ通って、面接で落ちまくった就職活動のことを思い出してしまいました。いつの日かお茶の間のテレビに、自分の姿が映し出される機会は来るのでしょうか。また挑戦してみようと思います。

| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2014年1月 5日

Happy-go-Luckyも13周年(開設14年目)を迎えました。
 未だほとんど更新できていない状態ですが、それでも見て頂いている方もいまして、本当にありがとうございます。


 昨年は春先に結婚したので生活環境が大きく変わりました。夏には新婚旅行へイタリアへ行きました。秋には職場の環境も多少変わり、初冬には保有していた株を売却しました。世間は株で盛り上がる中、ひとり大損でした(笑)。
 人生の中でもこれほど公私に渡って変化の多い年はなく、また実り多い一年でもあったと思います。


 一方では「サイトの再構築をする」という目標を掲げ、年末くらいにはそれを済ませたかったのですが、結局できませんでした。サイトに導入しているシステムを一新しようとして9月くらいから動いていたのですが、結局システム導入に失敗しました。結果として3ヶ月もの時間が無駄になりました……。しばらくは、現状のままで動かしたいと思います。


 さて、今年については「充実したオタク活動をする」ということを目標にしたいですね。

今まではそんなもの意識しなくてもできるかと思っていたのです。まるで今年の目標を「寛ぐ」とするような感じで。ところが結婚してからは意識して時間管理をしないと自分の時間が確保できません(子どもがいる方はなおさら、ですね)。現状では、アニメを見るのに誰もいない隙を狙ってみたり、サイトの更新をするのにも、仕事のふりをしてパソコンを触ったりしています。もっと効率的に時間を使いたいですね。


 また、サイト面でも引き続き再構築をしつつ、月に一度くらいを目標に何かの雑文を書いては行きたいと考えています。
 それでは、本年もまたよろしくお願い致します。

| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2013年9月 8日

たいへんお久しぶりです。
 1月に日記を書いて、実に9ヶ月ぶりの更新となりました(笑)。いや、笑い事じゃないな。その間何をしていたかと言いますと、春先に自身の結婚式を挙げ、新居に移り、初夏に新婚旅行でイタリアに行き、8月頃からようやく生活が落ち着いてきました。

ここ1年、いや2〜3年くらい、オタ活動らしきことを何もしていなかったので、ようやく再始動できることに喜びを感じている所ですが、あまり活動しすぎると妻から目を付けられるので、ゆっくりとペダルをこぎ始めた所です。いや、こぎ始めた所で終わるかも(笑)。

それはともかく、こちらのサイトにもなんとか手を入れられる状況になってきています。手始めに試験版ですが、ラジアラの過去放送のログを復活させました。201回目の放送からは、毎週公開していますので詳しくはこちらを見て下さいね。
 なお、以前のような各回ごとの放送の感想を書くことまでは、時間的にできそうになかったので諦めました。ラジアラ感想はログだけに集中します。

また、ブログの方ももう少し頻繁に書けるように、現在サイト全体を再構築しています。今年行ったイタリアだけでなく、海外の旅行記についてや、オタクが結婚に至るまでの話は結構面白いと思うのでいつかブログで書きたいとは思っているのですが、これはもうしばらく先の話になると思います。
 年末までにはブログの再構築を終わらせたいと思っているのですが、これについては日が近づいてきたらお話ししますね。

| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2013年1月 5日

去年は本当に色々なことがありました。ありすぎました。
 まさか一年で結婚に至るとは思いませんでした(正確には来月だけど)。振り返ると、2012年の目標の一部に「身を固める」と書いていたのですが、本当に達成していましたよ。

他には「ネットとリアルの融合」を目指したい。決してサイトを持っていることをリアル世界でバラすのを「ネットとリアルの融合」を目指すのではありませんとも書きましたが、妻には既にバレたので、悪い意味でこの目的も達成してしまいました(笑)。

このあたりの、過去数年の個人的な活動については、まとめると結構面白いものができるかも知れないと思っているのですが、残念ながら未定です。


 現実的な問題として、サイトの更新も当面止まったままですし、オタ活動の方面から昨年を振り返ると、本当に何もしていなかったなぁと思います。その反動か今現在、アニメを見たがったり、やたらと日本橋に行きたがったりしています。まだ実行に移せていないけれど。

そういうことをふまえて、今年の目標はただ一点。
「サイトの再構築をする」です。

しかし、生活に影響が出るくらいにサイトにのめり込むことは、もはやできないので、現実と折り合いを付けて更新することにはなるでしょう。それでも、既に一年放置されているラジアラのログ、ブログに書いていた普通の日記、そのあたりはなんとか復活させたいですね。


 しばらくは更新できない日々が続きますが、本年もよろしくお願いいたします。

| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2012年10月14日

一番肝心なサイトの更新についてですが、来年の3月頃までは何もできないと思います。今現在、ラジアラのチャットログも貯まりに貯まっているのですが、それもしばらくはアップロードできないと思います。

年内の予定としましては、昨年「リア充でないオフ(実際には飲み会)」というのを大阪で開催しましたが、今年も大阪でやります。11月10日(土)で行う予定です。興味のある方はメールまたは、ツイッターにて連絡下さい。

……余談ですがこれ、飲み会の名称変更をした方が良いのだろうか(笑)。


 最後になりましたが、スパムコメントが多すぎるため、ただいまブログのコメント機能を全て停止しています。このサイトに関するお便りや私宛の連絡事項などありましたら、メールから連絡下さい。

では、また!
 次の日記は、来年の挨拶が濃厚な可能性を残して。

| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2012年10月 7日

9月30日放送の「丹下桜のRadio A La Mode」を聞いた人には、題名のとおり私の投稿が読まれたので分かるかと思いますが、実は私、結婚することになりました。つまりはその関係でほとんどサイトを更新できない状況が続いているのです(更新休止を決めた時はまだ婚約してはいませんでしたが……)。

今、この文章を読んで、画面の前で「は?」と思った人がたぶん、5人くらいはいるはずだ。だってねぇ。去年は彼女が出来なければ罰ゲームするよとか言っていた人ですよ私。その目標は達成できずに、なぜ今年になって結婚することになったのか。俺が一番驚くよ。モテなさすぎて、とうとう現実と二次元を混同しちゃったのかと思われるかもしれませんが、本当です。自分で書いているけど説得力ないなぁこの文章。


 ちなみに罰ゲームは、世界一まずい飴を箱買いして全て食べる。さらに、その飴で作った世界一まずい飲み物(推定)を飲むということで、今年の2月にその模様を録音しました。あれは吐きそうなくらい辛かった。今でも思い出したくないよ。

しかしながら全く編集する時間が取れず、体を張った割に面白くもなく、編集しないままお蔵入りになりそうです。代わりにラジアラに結婚報告をしたことで許してもらえたら、と思います。


 うん、分かってる。
 ラジアラにメールを出すことは、罰ゲームなんかじゃないというのは。でも自分に取ってはかなり考えましたよ。本当にこんなメールを公共の放送に送って良いのか。あくまでブログで報告すべきことではないのか、と。

もし去年、番組で他の人の結婚報告のメールを聞いたならば、リア充末永く爆発しろとお祝い(?)は言うけれど、その後で、結婚どころか長年彼女もできない自分の境遇と比べて、落ち込むことは分かっていますから。それでも、お祝いのメッセージを私宛に頂いたみなさん、本当にありがとうございました。嬉しかったです。

(続く)

| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2012年1月 4日

抱負というか、大きなテーマが「ネットとリアルの融合」です。

これだけだと「なんじゃこりゃ」と思われるかも知れませんので少し説明しますと、リアルで体験した出来事をネットに生かしたい。ネットで経験した出来事や知識をリアルで活用したい。ネットとリアルの双方で、正のフィードバックが生まれれば良いなと考えています。サイトを持っていることをリアル世界でバラすのを「ネットとリアルの融合」と言うのではありません。

より具体的なレベルに落とし込むと、ここ2年程はラジアラの感想の更新ばかりで、普通の日記を書いていないのです。これをどうにかしたい。ラジアラの更新を一つするのにおよそ2時間かかるのですが、今まではこれだけで精一杯でした。今は1週間どころか2週間遅れていますから(1月の三連休あたりには元に戻る予定)。

平日の夜は仕事で更新を取る時間はありません。できるのは休日のみ。しかし、ラジアラの更新を始めるまでにダラダラとネットを見たりしているので、これを改めれば後2時間位は確保できるのですよね。その2時間を使って、サイトの整理を含めて、今までできなかった日記(雑記)を書きたいのです。書いていないけれど、面白いネタもあるのですよ。読んで楽しく、私もみんなもちょっとだけタメになる。そういうことを今年の——もしかしたら今年以降の——大きなテーマに掲げておきたいです。


 いつも通りの目標も書いておきましょうか。

1.もはや大問題
・身を固める
「彼女を作る」という目標を失敗し続けているのに、結婚まで辿り着くのはもっと難しいではないか、という意見は甘んじて受け入れよう。それでももし達成できたならば「やーちんにさえできるのなら、俺だって」と後に続く人も出るかもしれないからね。

2.自己啓発
・中小企業診断士の取得(経営や会社の運営に関して、知らないことが多過ぎるので)
・英検準一級(今度こそ)
両方とも一年で取得する事は、私の頭脳では明らかに不可能なので、数年がかりになるかと思います。

そして最後に書いておく、2012年の抱負で罰ゲームはしないぞ。
 抱負を立てられた皆さんも、立てなかった皆さんも、今年の最後は笑顔でいられる一年でありますように。前向きに頑張っていきましょー!

| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2012年1月 2日

新年明けましておめでとうございます。Happy-go-Luckyも11年目を迎え、人生の1/3近くもサイト更新を続ける事ができました。見ていただいてありがとうございます。本年もサイト・管理人共々よろしくお願い致します。


 新年の挨拶もほどほどに。さて。
 今年は新年の日記を更新したくはなかったのですが、仕方あるまい。
 昨年の正月の日記に、2011年の抱負が達成できない場合は罰ゲームをやりますと書いていました。ちなみに去年の抱負は以下のようなものでした。

英検準一級に合格する
 結果・・・一次試験落ち。99点満点中70点で合格。私は53点でぶっちぎり不合格。ちなみに二次試験は英会話なのです。

彼女を作る
 結果・・・出会いはあったけれども上手く距離を縮められず、避けられてしまうばかりでした。ラブプラスを買っておけば達成できたのに。


 そうです。皆様の期待に応えて(?)ダブルで完璧に罰ゲーム確定ですよ。敗因は、設定した抱負の難易度が高すぎたこと。多少の努力でどうにかなる問題ではありませんでした。

それで、罰ゲームの内容を既に11月頃から考えていたのですが(笑)、二つ考えています。一つは罰ゲームらしいことをネットラジオを利用して行います。文字で後から報告しても、臨場感を出しにくいですし、動画を撮って公開しても、顔まで晒すのはもっと罰ゲームなので遠慮します。

という事で、間を取って声だけの出演に決めました。かつて私もネットラジオを放送したことがあるのですが、その時とは違って今回は一人で頑張ります。あくまでもネットラジオは従の部分であって、主は罰ゲームになりますので。二月〜三月末頃までに公開予定です。もう一つは、罰ゲームとしては多少罰の要素を含むのですが、別のコンテンツを立ち上げます、と言った方が良いかもしれません。お楽しみに。

でも、喋りは苦手なのだよなぁ……。

| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2011年1月 3日

奇跡の4日連続更新です。今年の日記はこれで終了……かもしれないな。
 さて、昨日の「去年の出来事を振り返る」を踏まえて、今年の目標を書きますね。

1.彼女を作る
2.英検準1級に合格する

この二つです。
 実は昨年末に友人と忘年会をしまして、互いに2011年の抱負について語りました。その時に、一年かけて目標が達成できない人は罰ゲームをするというルールを決めたのです。そして「どうせ罰ゲームをやろうとしても、2番の英検合格でセーフなんだろ?」という友人からの指摘を受け、今回は両方を達成しないと罰ゲームの対象となることに決まってしまいました。
 ええ、やりますとも。やってみますとも。やればできる子ですともやーちんは。
「やってやれないことはない!やらずにできたら超ラッキー!」


 それで罰ゲームについてですが、ゴチバトルのように豪華な食事をおごるか、「クリスマスの日に、大きなツリーの下で来るはずのない彼女を12時間、プレゼント片手に待つ」とか、10000Mを泳ぐ(元水泳部なのです私)とか、お蔵入りになった三十路祭など、いくつかの案が出ていており選考中です。個人的にはみんなが楽しめるようなのが良いのだけどなぁ……。

何か楽しい罰ゲームの案があれば教えて下さいね。
 俺は使わないよ。友人が使うことになるかもしれませんので(笑)。

| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2011年1月 2日

珍しく連続更新です。
「過去を振り返らないと前には進めない!(by ラジアラ #65より)」ので、今回は昨年に立てた目標を振り返ってみましょう。

サイトについて
1.SAKURA'S CHATの感想を含めた、WONDER-NET時代の記事の復活
× 全く手をつけていません。

2.「カードキャプターさくら」感想記事の復活・移設(ブログ化)
× 実は水面下で25話くらいまでは移行したのですが……。

3.掲示板の設置
○ 使用頻度は低いけど(笑)。

4.オフ会の開催
△ 忘年会は開けなかったので、でも新年会オフはやります。近々掲示板の方に告知します。

こちらはサイトに書いていない目標
1.資格試験合格
○ 応用情報技術者に合格しました。

2.PHP(プログラム)の習得・向上
× 全くできませんでした。しかし、今年は仕事で使うだろうから必須事項に。

3.英語能力の向上
△ モチベーションがあまり上がらなかったので。

4.株売買技術の向上
× テクニカル分析は多少研究していたのですが……。ほとんどできずに終了。

結構できてないよね。まあいいやこれは。
 そしてお待ちかね。サイトには勢いで書いた「12月までに彼女を作ってディズニーリゾートへ行く」。はい、結果は分かってますね。惨敗です。完敗でしたとも。

でもね。去年はがんばったんだよ、本当に。
 今まで女の子と話した時間よりメイドさんと話した時間の方が長かった(推定)という数年前に比べると、女の子と一緒に遊びに行ったり、ごはんを食べる機会を増やしたり、人のつてを頼って紹介をお願いしたり、自分で合コンを開こうとしたりしていましたから。

何故この努力を十数年前からやらなかったのかねぇ。そういや夏休みの宿題は最後の3日で仕上げようとする性格だったなぁ、子どもの頃は。

(明日に続きます)

| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2011年1月 1日

新年、明けましておめでとうございます。
 Happy-go-Luckyは本日で十周年を迎えました。

思い返せばまだ学生の頃、初めて自分のウェブサイトを世に出した時も丹下桜さんのことを書いていました。当時は「Happy-go-Luckyはファンサイトです」と書いていて、逐一増えて行くサイトのカウンターに「ちゃんと見ている人がいるんだ」と驚いていたのを思い出します。

あれから10年。サイトのデザインも当時とは全く変わりました。


 最初はコラムだけだったのが、いつの間にか自分の日記を書き出したり、ライブ会場で色紙を書いてくれる人を探したり、ファンサイトを止めると宣言したり、小説を書いてみたり、メイドカフェにハマったり、アニメやCD作品の舞台探訪の旅に出たり、英語を使ってオタク文化を宣伝したり、インターネットラジオを放送したり、自分の好きなサイトの管理人にインタビューをしたり、オフ会のためだけに東京まで出かけたり、同人誌を発行したり……。

行き当たりばったりながら、自分のサイトを使ってやりたいことを片っ端から実現して来たような気がします。


 本来の引っ込み思案で内向的な性格は今でもあまり変わっていませんが、このサイトでやりたいことを実現して楽しんで、多くの人と関わっているうちに、10年前と比べて今は、少しは行動的になれたのかなと思います。更新作業は孤独な作業ですが、自分で動くこと、人とのつながりを持つこと、この二つが大事だなと、サイトを運営していて思うようになりました。

長くサイト運営を続けている人は同じ思いを持つのかもしれませんが、自分のサイトは「時間がない、続けられない、ネタがない」と言いながらも、かけがえのない大切な場所なのです。私も大好きです。自分のサイトが、このHappy-go-Luckyが。

これまでアクセスして頂いたみなさんに多いに感謝しつつ、これからもサイト、管理人共々よろしくお願い致します。


2011.1.1 Happy-go-Lucky やーちん







……あ、去年の結果報告書くの忘れた。
 次の更新には(笑)。

| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2010年5月 5日

郵便受けに入っていた一枚の封筒を開けると、こんな文字が目に飛び込んできた。

ご当選おめでとうございます。
東京ディズニーリゾート・パークチケット(ペア)
に当選されましたのでお知らせします。

はて、こんなの申し込んでいたっけ、と記憶の糸をたぐる。
 確かクレジットカードのキャンペーンで申し込んでいた。どうせタダだから申し込まないと損だ、と思って片っ端からディズニーのキャンペーンだけではなく、他の商品があたるキャンペーンも申し込んでいたのを思い出した。

チケットが1枚5800円で2枚、手元に届いている。有効期限は2011年の3月31日。さすがディズニー、チケットも高いんだねぇ。こりゃおトクだね、と思いながら当選したチケットを眺めていたが、重大なことに気がついた。


 一緒に行く相手がいねぇよ!


 男同士でディズニーランドへ行ってキャッキャウフフしろというか? そりゃあ無理な相談だ。

では、男ではなくてDSの彼女と一緒にディズニーへ行くか? 一流のラブプラニスト(=ラブプラスを好きな人。念のため補足。)なら格好のネタとして、いやれっきとした彼女としてDSと一緒に「大人2枚」と言ってチケットを受付へ差し出すだろうけれど、所詮五流ラブプラニストのやーちん。そもそもハマり過ぎそうだからソフトも持っていないし、サイトのネタとしてもやり辛いので、これも却下。

全く、抽選に当ててくれたのはありがたいんだけど、よりによってディズニーとは。抽選を判断するコンピュータももう少し空気を読んで欲しいよね。

最近はクレジットカードの購買履歴からカードの不正利用を防ぐシステムも導入しているのだから、自分はキャッシュバック賞なんかに当選させてくれると良かったのに。もっとも、「この購買履歴は、99.8%の確率でモテない独身男性の購買パターンに当てはまります!」とコンピュータにまで気を使われると何とも言えない気分になるだろうけれど。当選したのにも関わらず、明らかに場違いな不満を抱いていた。


 でもこれ、どうしよう。チケットをひらひらと振りながら考える。
 つい最近結婚した弟にプレゼントする方法もあるな。新婚旅行に東京ディズニーリゾート。弟はともかく義妹は興味を持ちそうな気がする。男同士よりDSより現実的な案だ。

しかしだ。自分が当選しているのにも関わらず、弟には別に祝儀を渡すにも関わらず、その上チケットまでやるのは間違いなく敗北感あふれる行為だろう。兄としてのちっぽけなプライドによりこの意見は保留することにした。


 じゃあ、最後はあれか。あれしかないのか。
 ネットオークションに出すのではなくて、彼女または妻とディズニーランドに出かける。もし自分が関東圏に住んでいるならば、もしかしたら彼女でなくても行きたいという奇特な女性はいるかもしれない。だが関西からわざわざ出かけるので、彼女か妻という立場でないと自分とは一緒に出かけないだろう。

現実を見ると、会社の同期とか後輩とか、自分の周りのほとんどは結婚している訳ですよ。逆に自分の友人として付き合っているほとんどは彼女または妻がいないですが。何この落差。
 そんな状況で届いた、このチケット。

弟には譲りたくない。それならば自分でなんとかするしかない。
 来年の1月〜3月くらいに行こうとするならば、遅くても12月くらいには行けるか行けないかを確定させなきゃいけない。


 久しぶりのやーちん日記を読んでいる君、そう、そこの君。今「絶対無理だろう」と思っただろう。この話をした時に俺も友達に言われたよ。今まで何年間もいないやーちんが急に数ヶ月で彼女を作れるか? 嫁が現れるのか? そんなのはアニメの世界の話。論理的に考えて不可能だと言い切り、オッズ表まで想定していた。

東京ディズニーリゾートへ(オッズ)
弟夫婦が行く・・・・・・・・・・・・・・・・1.0
やーちん(とDSでない女性)が行く・・・・・999.9

万馬券もいいところだ。
 だがこれが事実。自分の現状と残り時間を計算すると、確かにこのレートは妥当なのだ。期限は2010年の12月末。これを過ぎると有効期限が3ヶ月を切ってしまうのでチケットを泣く泣く弟に譲ろうと思う。

俺ですか。躊躇なく999.9の方に賭けるよ。せめて自分くらいは自分を信じるよ。

| トラックバック(0) | タグ: |


[雑記]2010年1月 1日

代わりに何を書くかと言うと、サイトの今後の方向性。
 2009年に丹下桜さんが声優へ本格的に復帰したことにより、現在のHappy-go-Luckyは毎週のように「丹下桜のRadio・A・La・Mode」のまとめと感想を書いており、往年の丹下桜ファンサイトと似たような状態へなりつつあります。

昔は丹下桜ファンサイトと呼ばれることを嫌がっていました。しかし自分の好きなことを書いて、それを人がファンサイトと呼ぶなら、そう思ってもらっても良いのではないかと考えを改めました。ある人はファンサイトと呼べば良いし、またある人はやーちんの個人サイトと思っていれば良い。そんな風に思います。


 具体的に現在やりたいことは、以下の4点です。

1.SAKURA'S CHATの感想を含めた、WONDER-NET時代の記事の復活
2.「カードキャプターさくら」感想記事の復活・移設(ブログ化)
3.掲示板の設置
4.オフ会の開催

先日、桜さんのライブ会場で色紙を書いていた人たちがいたという話を聞きました。私にはもうそれをする気力はないけれど、消した炎が再び灯ったような気がして嬉しかったです。


 ラブプラス以降から桜さんのことを知りましたという人がいたり、桜さんの休業中の出来事は全く知りませんというような人がいたりすることを考えて1〜3の項目を復活させようと決めました。新しく入って来た人たちがインターネットで過去の出来事を調べた時に、得られた資料はあまりにも少なかったのでは悲しいですし、同好の士とのコミュニケーションができないのも寂しいのではないだろうかと思います。

かつて自分も他のサイトの掲示板やチャットにお邪魔したこともありますし、資料を読んで楽しかった記憶があります。新しくこの世界に入ってきた人たちの先達としての役割を、今度は自分が果たせるのではないかと考えました。また、このまま順調な声優活動が続けば、いずれは新たなファンサイトやブログができるだろうし、それを願います。

4については、時期は未定ですが東京で1回以上、大阪で1回以上、奈良で1回のオフ会を計画しています。東京でのオフは以前から開催要望がありました。大阪は私が近いから。奈良については、今年は平城遷都1300年の年に当たり、年間を通じて県内各所でイベントを催しています。私も奈良県民として、本当に微力ながら協力しようと思いました。なので、奈良のオフは桜さんとは何の関係もありません。


 最後にひとつ。
 復活したような運営体制ですが、コンテンツの再構築に重きを置いており、積極的にサイト運営していた2007年以前のような体制——ライブの時に色紙を持って行ったり、同人誌を作ったり、週に何度も更新したり等——は取りません。日記についてもラジオの放送が終了するまでは激減している状態が続くと思います。あくまでサイト作成にかける時間は少なくして、ネト充からリア充目指して頑張っている最中ですので。特にラブプラスを私宛まで持って見せないように。


 9周年のHappy-go-Lucky、新たに10周年を目指して一歩ずつ歩んでゆきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

| トラックバック(0) | タグ: |


ページ |  1  |  2  |  3  |  4  | 全部表示


Copyright© 2001-2015 Happy-go-Lucky 管理者:やーちん <--/* */-->