これが本物!?

[オタク]2007年8月 1日

友人から電話があった。
 友人の彼女が「一度本物のオタクを見てみたい」という理由で、今から二人でやーちんの家に行ってもいいか、と問う内容。俺は動物園か? とも思ったが、了承する事にした。

酒を一気飲みしてから会おうかと思ったけれど、初対面の人相手にそれもどうだろうか、と考える間に家の前まで来てしまった。もちろん、家の部屋には入れない。絶対防衛ラインである玄関前で少し話すことにする。

オタクではないけれど、メイドに少し興味がある娘だった。
 どこのメイドカフェに行ったのですか等と、ある程度会話が通じるのがまだ救われる。しかし、開始10分もすると、既に沈黙が場を支配しつつあった。助け舟を求めるように私は友人の様子を覗き、檻の中の動物に飽きたかのように、彼女は時計を見る。
 友人は、我関せずと言った風情で携帯を弄っていた。


 仕方がない。
 無理矢理メイドネタを続けることにした。それも、馬鹿の一つ覚えのメイドカフェ巡りの話を。
 背中から冷汗が出るのが良く分かる。相手はオタクではないのにも関わらず、メイドがちょっと好きというだけでこの話題を選ぶ、いやそれしか選べなかった自分の拙さにはあきれ果てるが、くらえ伝家の宝刀!

「メイドカフェって言ったら、一度全店制覇し……」

携帯の手を止めて、友人がやーちんの方を向く。
 口を開けたそうにしている。オマエナニイッテンダ、と目を見開いて訴えかけていた。

「へーすごいですねー」
 感情のこもっていない声で彼女が答える。顔を見ていれば、明らかに引きつっていたかもしれない。

次第に寒々となる空気の中で、また日記のネタを作ってしまったと思う辺りが、もう聞き上手とか話下手というレベルではないだろう。だけれども彼女に対して、オタクの印象を最悪にしてしまったということだけは後悔している。


 ネット関係等、自分の興味がある分野にだけはまし、ということが改めて分かる。まさか年中アルコールの力に頼る訳にも行かないし、苦難は続きそうだ。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.happygolucky.jp/mt-tb.cgi/142

コメント(3)

>「一度本物のオタクを見てみたい」という理由で、
>今から二人で家に行ってもいいか、
これははっきり言って危険過ぎます。
僕なら即断るか、会うとしてもどこか外の場所で会いますね。

その男性と何でも話せるくらい親しければともかく、
「変わった人がみたい」ぐらいのレベルで、わざわざ彼女を連れてくるというのは、
間違いなくその彼女は、そういう世界にちょっと興味を持ち出したくらいのレベル。
限りなく一般人に近い存在のはず。
だって本当に彼女がオタクな世界に興味深々であれば、
そんなこと言わなくても、オタクな人なんて充分見てるはずですしね。

こういう人と話すのは、逆に全く興味ない人と話すより難易度高いと思いますよ。

全く興味ない人であれば、オタクな話題を避ければいいのですが、
ちょっと興味を持ちかけた人と話すときというのは、
オタクな話題を持ち出されてスルーするのもちょっと申し訳ないし、かといって本気を出すと引いてしまう。
力加減がものすごく難しい存在だと思うんですよ。

せめて外であえば、どこかで食事でもしたりして、
オタクな話以外の話題もちょっとはしやすいですが、
家に来られるとそれも難しい上、しかも横には彼氏もいるので、
そこからその子をオタクにして一気に仲良く…というわけにもいかない。


これは辛かったと思うわ。本当にお疲れ様。

というわけで、ちょっとマジレスしてしまいました。

向こうから来て失笑して帰るというのはキッツいなぁ。
相手方の男性は友人とのことですが,ホント友人ですか。笑

趣味柄,世の中の有象無象に泰然自若として向き合う
骨太さが必要なのかもね。あと,こういう体験すると
他人にやさしくなれるね。
やーちん君の半分はやさしさでできています。

意外な所で反響があったり。フォローありがとうございます〜。

> Komaさん
掲示板からコメントへの再投稿どうもです。

> chemさん
ええとですね。本文には書かなかったのですが、友人には自分から「助け舟は出さないでくれ」と言っていたのですよ。まあ、結果は見ての通り惨敗ですが(笑)。


← 【オタク】アフィリアの魔法使いたち

【オタク】オタク男と腐女子は平行線 →



Copyright© 2001-2015 Happy-go-Lucky 管理者:やーちん <--/* */-->