声優「丹下桜」にまつわる噂たち

[丹下桜]2005年7月21日

それは、2005年7月吉日のこと。
 桜さんが入籍されたのを自身のページで発表しましたので、解禁。今回は、桜さんにまつわる噂をまとめてみたいと思います。かつてはHappy-go-Lucky宛のメールにも、実際に会った方からも、質問されたことがありました。

「桜さんって、何で声優を辞めたの?」と。

ファンサイトもどきをやっているとこうした質問があってもおかしくはありません。私もSAKURAさんの情報を少しは取り扱っているので、些少のことは知っています。しかし、それは一ファンからみた情報であって、内部関係者が特別に知っている情報を横流ししているものではないのです。

だから、こうした質問に答える最後には「あくまでも噂だからね、真相は分からないよ」との旨を必ず伝えていました。



結婚の噂を検証する

過去、結婚騒動も出ていたのですが、2000年の2月、ニッポン放送のラジオ番組で「結婚はまだ先のこと」と本人が発言し、その当時の噂を否定しています。しかし、その後「医療よりの仕事をしたい」などとほのめかしてはいるものの、声優業界から姿を消した理由がファンから見て曖昧に思えたので、噂だけが一人歩きします。その中でも最右翼の噂が、結婚説でした。

「結婚したと風のたよりで聞きました」と、かつて仲の良かった声優さんがラジオで発言したり、ネット上で「実は相手は、業界の方ではない、普通の人だ」と書き込みがあったり(※)、「いやいや、公私ともに支えてきたプロデューサーの前澤ヒデノリ氏と結婚したんだよ」(※2)など、それはもう既成事実のように駆け巡りました。みんな、ゴシップ好きだねぇ。

※ じゃあ、今回のは再婚になるのか(笑)。

※2 (夫疑惑をかけられていた)前澤さんは、自身のユニット「rain book」の日記で、知人の結婚式に行った後に、「りる(前澤さんの愛犬)と2人で生きていこうと。。。(笑) でも、諦めないで前を向いて……」(2004年2月)と、冗談交じりに書いています。

これを読んで、前澤さんが桜さんの夫だった説はないな、と思ってしまったのは内緒にしてください。

しかし今回、WONDER-NETで結婚報告をしたので、上記の噂は一蹴されました。お相手は業界の方ではないそうですよ。どうかお幸せに。



まだまだあるぞ、この手の噂

「桜さんがなぜ声優を辞めたのか」に答えている噂です。それはもう、バラエティに富んでいます。

 所属事務所と不仲説
かつて所属していた青ニプロダクションと不仲となり、仕事が回ってこなくなったので辞めた。実質的にはクビです。不仲となった原因はミュージックステーションに出演する話を蹴ったからだと言われている。

「Little Seraph」→「ANGEL」→「さくら(SAKURA)」というように、何故か「丹下桜」の名前を出さなかった桜さん。それは芸名(丹下桜の名前は本名でもあります)を使うなと止められていたのか、それとも、過去の華やかな時代と決別したかったのか……。

 ストーカー説
アイドルならつきものの悩みかもしれない。役柄=本人では決してないのだが、「カードキャプターさくら」の木之本桜役が与えた、可愛らしい、理想の少女像は私たちにはあまりにも鮮烈だった。

あらかじめ弁明しておくが、私はストーカーじゃないぞ。

 堀江由衣台頭説
2000年、将来有望な二人の女性声優がいた。丹下桜と堀江由衣だ。よく似た声質を持つ二人。どちらも声優業界を席巻できる実力を秘めていたが、業界が選んだのは潜在能力未知数の堀江由衣だった……。そして、声優「丹下桜」は舞台を去り、堀江由衣は次代を担う声優として、スターダムへと駆け上ることになる。

ほっちゃん良いですよね! 今はもう、「D.C.S.S.」の白河ことり役もあるから、毎週が楽しみですよ!←業界の予想通りに動かされている人がひとり。

 宗教説
新興宗教にのめりこみ、自らを教祖としてWONDER-NETを設立。「ライブ」と称した集会で、信者に姿を見せる。教祖に会うためには多額のお布施が必要なのだそうだ。

WONDER-NETに関わる方全てへ、ごめんなさいっ!
 ところで、「信者という言葉は、二つ合わさって『儲ける』となる」の小話をご存知でしょうか。金の話を持ち出す新興宗教には特に気をつけましょう。

これらの噂の真偽の程は、最初に書いた通り、私には分かりかねますのでご了承ください。



WONDER-NETは新たなる道へ

噂が一人歩きして、5年の月日が過ぎました。その間、本人は何も語らず、雑音を意に介せず、ひたすら自らが目標とする声を生かした「ほっと和む空間」作りに励んできました。

WONDER-NETも5年を迎え、新しく生まれ変わります。会費が年間5000円になり、会員用の掲示板「さくらぼーど」の設置、通常のライブとは違う、ヒーリングライブの実施、KONAMIから発売されるCDへの出演。WONDER-NETに足をつけつつも外の世界へと出ようとしています。それはまるで、今まで沈黙してきた鬱憤を晴らすかのように。

桜さんとともに人生を歩んできたのはWONDER-NET、これからはWONDER-NETに加えて、最愛の夫とともに歩むのでしょう。入籍報告にあったように、どうか、幸せであったかい「ほっと和む」ような家庭を築いてくださいね。

そして、批判どころか揶揄したような内容ですんません……。


関連記事
 HNR 消えた声優を追え! / HAMEX-MEN(噂と、事実を元にしたフィクション)

| トラックバック(0) | タグ: |

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.happygolucky.jp/mt-tb.cgi/38


← 【オタク】オタクと恋愛

【オタク】KOTOKO『硝子の靡風』発売記念・プレミアムライブ →



Copyright© 2001-2015 Happy-go-Lucky 管理者:やーちん <--/* */-->