ページ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  | 全部表示

[丹下桜]2004年5月18日

前回の「Project LIVE・WONDER」では他のサイト様にまで告知をしていただいて、ライブ参加人数の約20名の方に書いてもらいました。

そして、今回。
 大掛かりなことはせず、Happy-go-Luckyの掲示板だけで募集をかけたのですが、ライブ当日までに色紙を書きたいと連絡を下さった方は20名を超える事態に。おいおい。果たして当日、大丈夫なのでしょうか。

草の葉物語さんプレゼント。桜さんへの花束です。

「あらかじめメッセージを考えてきてください」と、事前に告知していましたので、割合スムーズに進行したと思います。私はライブ会場に2時過ぎに到着。近くの広場で色紙を持って集まってきた人と話をしながら待っていたのですが、次第に増えていく色紙書きの人たちの多さに驚くばかりでした。

さらに、色紙に集まる一団を見て声をかけられた方もいて、メッセージを送る人の数がさらに増えることに。結局、ライブが始まるまでに色紙はできあがりませんでした。

そして、後になって貰ったSAKURAティーを失くしていることに気づく。とほほ。

ライブ終了後、書いていない人に対して色紙を書いてもらいます。メッセージを書いた人を数えると、なんと総計31人! 自分でもびっくりだ。最後に、WONDER-NETに送ったメッセージと、色紙の完成版をお見せします。




続きを読む: Project LIVE・WONDER〜2004春〜
| トラックバック(0) | タグ: |


[丹下桜]2004年5月17日

ライブは演奏者と観客が一体になって盛り上がるものと、クラシックコンサートのようにひたすら演奏者が素敵な曲を聴かせるものの二つに大別される。「声優ライブ」と言うのはアイドルのコンサートと一緒くたにされることが多く、前者のような盛り上がりを求める観客が多いように思われる。

そんなライブの喧騒とは無縁の恵比寿の街に私は降り立った。アトレ恵比寿を横目にし、閑静な一角にそれはあった。

恵比寿イーストギャラリー。
 結婚式のパーティーにも利用できるビルである。

ライブ会場は地下一階にある。広くはない。一列の長さは20名なのだが、そのうちの右端5人と左端5人は普通の高さの座席に座る。真ん中の10名はと言うと、両端よりも1メートルほど低い席に座るのだ。大きな掘りごたつを思い浮かべてもらって、その中の掘っている、すなわち足を入れる部分に真ん中の10名、普通の床の部分に両端の10名を入れるようなものだ。

これから考えると最後尾はA列の席から数えてM列なので、20×14=約280名の収容が可能である。(個人的にはおよそ260余名ほどの参加だと思います)。

そして、今回も健在だったレディースシート。A・B席の中央の席の20名程がWONDER-NETの女性会員によって占められていて華やか。女性会員を優遇するのは相変わらず良い判断だ。ここまで男女比の差が顕著な構成なら、女の子を逃がさないようにしておけば、男はついていく(笑)。何もせずとも。

私の席は前から最後尾に近い11番目の列。オペラグラスが必要かとも考えたのだが、その心配はなかった。意外にも舞台からの距離は十数メートルだったのだ。



続きを読む: のるか? きくか?『LIVE・WONDER〜2004春〜』
| トラックバック(0) | タグ: |


[丹下桜]2004年1月 4日

ライブ会場 恵比寿SPAZIO

ライブ会場の行列を見た瞬間、息を呑んだ。
 静か過ぎる。これから始まるライブへの期待感の表れなのか。それとも、選ばれたものだけが参加できるイベントの性質が持つ、厳格さの表れなのか。地下のライブ会場へと続くらせん階段が、宗教的イベントの雰囲気をも匂わせるようだった。

開場時間になっても行列は止まっている。その間に周りを見渡す。男女比はざっと見て25対1くらいか。この場に一人で来る女の子は、この待ち時間に猛烈な孤独感に襲われるに違いない。WONDER-NETが女の子を優先したくなる気持ちが分かったよ。

と言う訳で、WONDER-NETは考えました。地下二階にあるライブ会場では女の子は最前列の席に座れます。これが、「レディースシート」。隣の席も女性同士になる様に心がけています。WONDER-NET会員の女の子のみなさん、ライブに来ると自動的に(?)最前列ですよっ。羨ましい。ちなみに、二列目以降はSAKURAさんによると、「勇者のシート」らしいです。意味は推して知るべし。



続きを読む: ほっと和むLIVE空間「LIVE・WONDER」
| トラックバック(1) | タグ: |


[丹下桜]2003年12月27日

2003年12月21日(日)、ほっと和むLIVE空間「LIVE・WONDER」が開催されました。

その草葉の陰で進められていたひとつの計画。「SAKURAさんに、ANGELにありがとうの気持ちをこめて、寄せ書きしよう!」
 それが、「Project LIVE・WONDER」。

これは、ライブ当日に、寄せ書き色紙をSAKURAさんに届けるために奮闘した、ある人々の物語なのです。



続きを読む: Project LIVE・WONDER
| トラックバック(0) | タグ: |


[丹下桜]2002年5月 5日

さて、今回はマイナーなリラクゼーションのCD「自信の回復(声:丹下桜)」を取り上げたいと思います。なぜ取り上げるかって? 実は、2年ほど前に買ってから今まで、このCDを聴いていませんでした。いやあ、どうも聴く気がしなくて、コレクションと化していました。で、今回、4月からやーちんの生活環境が大きく変わるので、きっと自信を失くすだろうと推測しました。そこで、この「自信の回復」を使って効果を検証してみようと思い立った訳です。


 始める前にちょっとこのCDについて説明しておきましょう。「自信の回復」とは、キングレコードが誇る音楽による優しいカウンセラーシリーズで、そのCDの中に人気声優の声を収録しているという物です。声優の声を採用した理由は、カウンセリングの初歩として、親しみやすい声の方がいいのではないか? という製作者の配慮が込められています。

また、監修者の方のコメントを読むと、α波や1/fのゆらぎと言った癒しの定番音楽に加えて、なんと! α波ミュージックや直接耳に聞こえないヒーリングボイスが潜在意識の扉を開き、心の深層へ訴えてゆくのだそうです。聞こえない声で桜さんが、「君ならきっとできるよ! だいじょうぶ(はぁと」なんてささやいているのでしょうか。そんな深夜3時のテレビショッピングの雰囲気を満載したCD、「自信の回復」をこれから聴いてゆきます。


<実験を始める前に>
始める前に、実験のルールを決めておきたいと思います。

実験期間は1ヶ月とする……それ以上して効果がないと辛いから。
実験期間中は毎日1回以上CDを聴く……がんばります。
効果があるとひたすら信じる……鰯の頭も信心から。

ま、こんなもんですかね。個人差はあるでしょうが、気楽に聴いてゆきたいと思います。
続きを読む: 「自信の回復」 は本当に効果があるのか?
| トラックバック(0) | タグ: |


ページ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  | 全部表示


Copyright© 2001-2015 Happy-go-Lucky 管理者:やーちん <--/* */-->